WAKUWAKU競馬道場

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼7 コメント2
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

【2016年】小倉2歳S レース回顧
2016/09/08 21:22:00
テーマ: レース回顧
レーヌミノルは3枠4番スタートから軽く仕掛けて2番手につけ、3、4コーナー中間で先頭に立つとメンバー最速の34.6秒で後続を引き離し、2着に6馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは1分8秒0。直線で軽く仕掛けただけで最後は流す余裕があった。ナムラアイドルが逃げて前半3F33.3秒の速い流れ。レーヌミノルは終始手応えが良く進み、鞭を使わず最後は流して大楽勝。馬体が6キロ増えて少しフックラしていたが、それでこの内容。今回のメンバーでは力が抜けていた。有力馬診断に「馬体にまとまり感があり、現時点の完成度が高く、いかにも小倉2歳Sで激走しそうな牝馬」と書いたが、そのイメージは合っていた。台風接近で馬場悪化が懸念されたが、雨が降らず良馬場でレースができたことも良かったのだろう。今後は距離を延ばして阪神JFを目指すことになりそうだ。体型的に距離に課題がありそうだが、2歳の時点なら地力でこなすかもしれない。

ダイイチターミナルは2枠2番スタートから内ラチその中団をロスなく進み、メンバー4位タイの35.2秒で伸びて1.0秒差の2着。勝ち馬に6馬身差をつけられたが、内からしぶとく伸びて2着争いを制した。420キロ台の小柄な牡馬だが、前走馬場の荒れた福島最終週の芝1200mで圧勝していた。馬場の内側は荒れていたが、荒れ馬場をこなした経験を生かせたのだろう。1~3着は4、2、3番枠で全て内枠に入った馬。外枠に入った馬が不発に終わったように内枠と荒れ馬場の経験が上手く噛み合っての2着。小柄な牡馬で2歳戦向きの馬。

カシノマストは2枠3番スタートから4番手につけ、メンバー6位タイの35.5秒でしぶとく伸びて1.1秒差の3着。2着ダイイチターミナル、3着カシノマストはキャリア3戦。札幌2歳Sと同様にキャリアのある馬が穴をあけた。新馬戦を勝った後、中1週でフェニックス賞2着、中1週でひまわり賞1着、中1週で小倉2歳S3着。410キロ台の小柄な牝馬で今回は少し気配が落ちていたが、内枠を生かしてロスなく回り、持ち前のしぶとさを発揮した。

キョウヘイはスタートが遅く後方からのレースになったが、メンバー2位の34.7秒で伸びて1.1秒差の3着。内をロスなく回った馬が上位を占めるレースで唯一外から鋭く伸びてきた。繋ぎの柔らかい運動神経のいい馬。このレースぶりならある程度距離をこなしそうだ。馬体は416キロ。今年の初年度のリーチザクラウン産駒。これからどのように成長していくのか楽しみだ。

シゲルベンガルトラは中団からメンバー6位タイの35.5秒で伸びて1.2秒差の5着。直線で内から馬群を捌いて伸びてきた。最後までしぶとく伸びており、体型から見ても、もう少し距離が延びた方が良さそう。440キロでも骨格がしっかりしており、これから成長が見込める。切れより地力タイプ。ダ1400mに使ってきたら要注意。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ