WAKUWAKU競馬道場 22年目の競馬予想サイト

競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね30 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2021年4月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

大阪杯 相馬眼予想
2021-04-04 13:16:00
テーマ: 重賞予想
昨年芝2000m以上の古馬混合G1を勝ったアーモンドアイ、
ラッキーライラック、フィエールマンは昨年で引退し、
クロノジェネシスはドバイ遠征で1頭も出走していない。

大阪杯は後半4、5Fの持続力&決め手勝負になりやすい。
スピードの持続力と直線でひと脚使う底力が問われる。
ただし雨で馬場が悪化すると全く違うレースになる。

コントレイルはジャパンCで55キロを背負って2着。
4着カレンブケドールと同タイム。今回は57キロ。

コントレイルが上がり勝負になったときにジリ気を出さないか、
グランアレグリアがコーナー4つの2000mをこなせるか、
雨が降って馬場がどこまで渋るのかがポイントになる。

G1昇格後4年の大阪杯は3年で人気薄が連対しています。

激走の条件が揃った穴馬注と大穴馬☆を絡めて高配当を狙いました。

人気馬同士で決着するとガチガチでトリガミもありますが、
雨で馬場が渋って悪化すると荒れる可能性があるとみています。

個人的には馬単・馬連◎→○▲△が激アツ!!!!


PREMIUM POST

999円 購入する

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP