WAKUWAKU競馬道場★20年目の競馬サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね28 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2019年4月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

共同通信杯 相馬眼予想
2019-02-10 12:36:00  (最終更新日時:2019-02-10 15:57:16)
テーマ: 重賞予想

<予想結果>

東京11R 共同通信杯
◎ダノンキングリー 1着
○アドマイヤマーズ 2着
注クラージュゲリエ 3着

馬単800円的中!(4点)本線
馬連330円的中!(5点)本線
ワイド150円的中!(2点)本線
3連複390円的中!(6点)
3連単2,170円的中!(15点)

<予想コメント抜粋>

2戦2勝のダノンキングリーを狙う。東京芝1600mの新馬戦は前半5F63.5秒のスローペースで好位からメンバー4位タイの33.4秒で抜け出して1分37秒5で優勝。レースのラスト3Fは11.8-11.2-11.0秒の尻上がりラップだった。前走ひいらぎ賞は前半5F57.6秒のハイペースで中団からメンバー最速の35.5秒で大外をブン回して差し切り1分33秒7で3馬身半差で圧勝。最後は流す余裕があった。

 新馬戦とは全く違う流れで圧勝したことを評価したい。一頭だけ次元の違うレースでインパクトがあった。こういうインパクトがあるレースをした馬は重賞を勝つことが多い。450キロと馬格はないが、相馬眼的にG1級に育つ可能性を秘めている。新馬戦は8枠17番、ひいらぎ賞はコース的に不利な大外15番枠で外を回るロスがあった馬が1枠1番に入った。戸崎騎手の駄乗が怖いが、アドマイヤマーズを差し切る可能性がある。

---

買い目は馬単4点、ワイド2点、馬連5点、3連複6点、3連単15点。

4戦4勝で朝日杯FSを制したアドマイヤマーズを負かせる馬が
いるかどうかが焦点。距離1F延長、57キロを克服できるか。

相馬眼的にアドマイヤマーズに勝てる可能性がある馬が本命◎。

相馬眼的に激走の可能性がある馬を穴馬にして一発を狙いました。

個人的には馬単・馬連・ワイド◎=穴馬が激アツ!!!!


PREMIUM POST

500円 購入する

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ