WAKUWAKU競馬道場★19年目の競馬サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね27 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年6月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

鳴尾記念 相馬眼予想
2018-06-02 11:32:00  (最終更新日時:2018-06-02 15:46:31)
テーマ: 重賞予想
<予想結果>
阪神11R 鳴尾記念
◎ストロングタイタン 1着
○トリコロールブルー 2着
▲トリオンフ 3着

馬単2,040円的中!(2点)本線
馬連860円的中!(6点)本線
ワイド330円的中!(2点)本線
ワイド380円的中!(2点)本線
3連複890円的中!(12点)
3連単5,690円的中!(24点)


<予想コメント・抜粋>

ひと叩きされたストロングタイタンを狙う。過去6年の鳴尾記念で池江厩舎は[4-0-1-2]で現在3連勝中。休み明けの前走都大路Sは9着に終わったが、馬体14キロ増で馬体が太くパドックでモッサリ映った。ひと叩きしたことで調教の動きが一変し、最終調教では絶好の動きを見せている。ここを目標に仕上げられ、Mデムーロ騎手を確保。

これまで重賞では中山金杯9着、小倉大賞典5着、小倉記念8着と通用していないが、小倉記念の後にOP特別で厳しいレースを経験している。オクトーバーSはハナ差の2着に負けたが、0.4秒差の3着スズカデヴィアスは新潟大賞典を制した。今ならG3で通用するのではないか。Mデムーロ騎手、狙いすましたレースで重賞初制覇がある。

トリコロールブルーはG1、G2では通用してないが、OP特別以下では[5-1-0-0]で現在4連勝中。前走大阪城Sは中団からメンバー最速の33.3秒で差し切って1分45秒3で優勝。一気にパフォーマンスを引き上げた。芝2000mは[3-1-0-0]。今年の中長距離重賞は昇級戦でも通用するのがトレンド。坂のある阪神も合っている。

トリオンフは小倉大賞典を好位から早めに抜け出して2馬身半差で圧勝。大阪杯は8着に終わったが、出遅れが影響している。前走新潟大賞典4着は超スローペースで切れ負けしたもの。本来はレース巧者で自在に動けるタイプでルメール騎手はプラスに働く。新潟大賞典で賞金を加算できれば秋に備える予定だった。そのあたりが少し気になるところ。

---

買い目は馬単4点、ワイド2点、馬連6点、3連複12点、3連単24点。

過去6年で6~9番人気が4連対。人気馬と人気薄で決着することが多い。

本命馬◎に穴馬、大穴馬を絡めて高配当を狙いました。

大穴馬が激走すると3連単は10万超になるとみています。


PREMIUM POST

500円 購入する

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ