重賞ノート(北九州記念/札幌記念)
2016/08/21 11:30:00
テーマ: 未設定


=北九州記念=
1200mの距離に変更され10年で馬券になった30頭中13頭の母父がミスプロ系です。これはダッシュするスピード、そしてスピードを持続させる為のパワーの必要性を意味しているでしょう。2014年の大波乱も連対2頭(1着08番人気リトルゲルダ、2着13番人気メイショウイザヨイ)は母父ミスプロ系でした。
今年の登録馬で母父がミスプロ系は⑥の1頭。

1200mになってからの10年間の前後半600mのラップバランスです。
06年 32.9-35.1  1.08.0 
07年 32.1-35.6  1.07.7 
08年 33.0-34.5  1.07.5 
09年 32.7-34.8  1.07.5 
10年 32.1-35.0  1.07.1
11年 32.4-34.8  1.07.2
12年 32.2-34.7   1.06.9
13年 32.2-34.5  1.06.7
14年 33.1-34.4  1.07.5
15年 32.7-34.6  1.07.3

2008、2014年は前半が33秒台。この2年は4角8番手以内の馬が6着までに入る北九州記念としては稀な前残りレースでした。それ以外の8回は恐ろしいほど前半の方が速いことに目が行きます。そして結果的に時計が速い決着。夏適正とハイラップでの好時計決着経験のある馬に有利なレース。ココは頭数なりに荒れる可能性が高いので、非常に楽しみです。

過去5年で5番人気以下で馬券に絡んだ馬は9頭。9頭中7頭は前レースで4角6番手以下の差し&追い込み馬です。これは上記の前頃ラップが理由ですね。9頭中6頭は53キロ以下のハンデの馬で、過去5年の馬券対象馬としても15頭中9頭が該当。
今年は②④⑩⑬の4頭。
アイビスSDもそうですが極限の時計勝負になれば、坂の無いコースでは特に斤量が少しでも軽い馬が有利になってくるものです。9頭中8頭は5歳以下の馬です。時計勝負の意味合いもココには含んでいるのでしょう。

重賞ノートからの狙い馬は5歳以下の馬&斤量53キロ以下の馬ですね。
該当馬は④⑩



=札幌記念=
夏競馬で開催されるたった1つのG2ですので、毎年メンバーが揃う1戦ですが今年は少々小粒なイメージ。モーリスのみが格上馬ですが、マイラーですので2000mのココは絶対的存在とは言えないでしょうね。3年前は函館開催でしたので過去10年での9回の札幌開催での札幌記念の馬番成績です。
12番(0・0・0・8)
13番(1・0・0・7)
14番(0・0・0・7)
15番(0・0・0・5)
16番(0・0・0・4)

13番は後に天皇賞秋にて穴軸で勝負してレコードで制したトーセンジョーダン。それ以外は散々な成績。外々を回っての追い込みが効かない札幌競馬場を物語っていると言えますね。

3年前は函館開催でしたので、過去5年での札幌競馬場で開催された4回の札幌記念にて5番人気以下で馬券に絡んだ馬は4頭.4頭すべて洋芝で勝利経験のある馬でした。人気も5・5・7・8人気と大穴の激走は近年は皆無ですね。

過去10年で7・8枠の馬は(1・0・0・35)、馬番5番までの馬は過去5年4回の馬券対象馬12頭中7頭。
重賞ノートからの狙い馬は馬番5番以内で洋芝勝利経験のある10番人気以内程度の馬としたいです。該当馬は②のみが残ります。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼4
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
ひろ
ひろ
平日は都内で某業新聞紙(競馬とは全く関係ありません)で記者として働いております。

週末は重賞だけ主に予想して買います。

基本は穴予想ですが、重賞の傾向を分析した「重賞ノート」と頻繁に穴をあける【穴推奨】の精度には自信を持っています。

2016年の福島牝馬Sでは上位3頭で決着しました。

カテゴリー
登録がありません。
RSS
RSSフィード RSS
ページの先頭へ