小倉記念予想
お礼1
2016/08/07 13:43:00
テーマ: 未設定
今日のレパードSはやはり見送ります。穴を探すのが難しく、人気2頭で決まる可能性が高い。ただ、「馬連3倍の一点1万」という買い方をボクはできませんので、予想も特に公表しません。その代わりと言っては何ですが、小倉記念はちょっと大きく振りたいと思いこちらに全力投球です。

【小倉記念】
土曜の小倉競馬場は差しも決まっていた。これは事実ですが実は全てハイペースでのもの。コースの経常的にペースが上がりやすいですが、ココは少数頭で逃げ馬も決まっているレース。番手の馬が自滅するように前に圧を掛けていくとはどうしても考えにくく、平均ペースからの小回り適性勝負を予想しインを立回れる馬を素直に評価したい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎メイショウナルト【穴推奨】
現在複勝ベースなら10番人気という超大穴。昨年に続き狙う究極の夏馬。2走前の鳴尾記念では、1分58秒1で走り勝ち馬から0・5差の競馬で終わったとは到底思えない。前走の七夕賞は1000m57秒9とあり得ないペースでの凡走でノーカウント。ちなみに昨年の小倉記念も同じタイム。馬番7番以内で1800~2000mの右回りは(6・2・2・5)という成績。重賞だけなら(2・1・2・3)の成績。逃げ馬不在でペースが緩み1000m59秒台で行ければなんとか粘れる。鞍上も積極的に前に行く松若JKなら歓迎したい。

〇ダコール
6戦連続58㌔を背負って1秒以上負けていない充実一途。小倉記念では結果が出ていないが、相手を考えたら評価せざるをえない。三戦連続して上がり3位以内の脚を使えてもいるので、ここも安定して走ってきそうだ。内枠得意な馬が外枠なのだけが気になる。

▲マーティンボロ【調教推奨】
1年以上休みやっと復調の兆し。調教の動きが素晴らしくかつてのフットワークが戻ってきた。小倉も(3・1・0・2)と中京と並んでローカル得意な馬で2年前の小倉記念の2着馬。人気もみても狙いたい。

☆アングライフェン【血統推奨】
当レースは父ステイゴールドは良績のある舞台。小倉実績ある昇級馬で切れ味タイプなのでここでも買いたい。母系にはグレイソブリンを内包しており、重賞ノートの狙い馬でもある。好枠前に重賞に挑戦して壁を越えられなかったところは気になるが、これだけ停滞したメンバーの中で唯一の前走勝ちの勢いを評価したい。

△ウインリバティ
ニンジンスキー持ちで重賞ノートの狙い馬。52㌔で小倉2000mは3戦3勝のパーフェクトにもかかわらず不思議と人気が無い。6枠のどちらかが行けばすっと前につけられそうで、展開向けば一発の可能性は充分。

△プランスぺスカ
小倉実績あって、前走の内容を評価。3着なのでハンデ53㌔は魅力。好調馬がほとんどいないレースなので押さえておきたい。

△テイエムイナズマ【穴推奨】【調教推奨】
2000m実績はないがスタミナよりも折り合い次第という馬。近走は充実を見せており、一瞬の切れ味が生きるコース自体は合いそうで、オーナーの地元でここは渾身の仕上げ。

×ベルーフ【血統推奨】
ベルーフの母レクレドールは、ステイゴールドと同じダイナサッシュの牝系でサンデーとディクタスの配合馬で、この一族は小倉記念走る。

×リヤンドファミユ【血統推奨】
ご存じ日本で一番有名な配合のステイゴールド産駒。管理する池江師は、小倉記念も管理馬が3年連続で連対。3頭ともに前走は7着以下の凡走からの巻き返しによるもの。当馬の全兄のドリームジャーニーも、池江厩舎で当レースを優勝しており十八番の炸裂を警戒。最低人気なら妙味充分。


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼4
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
ひろ
ひろ
平日は都内で某業新聞紙(競馬とは全く関係ありません)で記者として働いております。

週末は重賞だけ主に予想して買います。

基本は穴予想ですが、重賞の傾向を分析した「重賞ノート」と頻繁に穴をあける【穴推奨】の精度には自信を持っています。

2016年の福島牝馬Sでは上位3頭で決着しました。

カテゴリー
登録がありません。
RSS
RSSフィード RSS
ページの先頭へ