重賞ノート(クイーンS/アイビスSD)
2016/07/30 18:15:00
テーマ: 未設定
さて、先週末は2タコ。函館は【穴推奨】が4着と久しぶりの坊主。ただ、あれでメローブリーズが3着だとしても3連複で40倍ちょっとしかつかないオッズには驚いた。ローカル開催とはいえ、これは結構驚きました。13番人気から8番人気に代わるだけで配当が3分の1になるとは。

原因ははっきりしていて内枠だからです。最近は情報がすぐ伝わりますから、内枠有利のレースは想定以上に売れますし、同じ日の中京でも福永が土曜日から乗れていたのはあきらかで、中京記念もガリバルディの馬券は、ボクの想定よりも売れてました。そういう、ささいなことでもローカル開催はいつも以上に参戦者が少ないのでオッズが動きますね。

というわけで、週末恒例の重賞ノートです。クイーンSはチェッキーノが直前で回避。藤沢先生のコメントでは跛行だったんですが、どうやら屈腱炎のようです。これで混線模様ですね。 

=クイーンS=
3年前は函館開催でしたので過去4回の札幌開催のクイーンSについて考えます。5番人気以下で馬券に絡んだ馬は4頭。4頭中3頭が8枠の馬。4頭全て前走4コーナーを7番手以下で通過した馬。4頭中2頭は洋芝勝利経験があり、他2頭は初めて走る馬でした。洋芝での牝馬戦ですのでタフなレースになり、外目を追走してくる差し馬が最後に顔を出すのが穴のパターンでしょうか。
今年の該当馬は⑫

近2走で上がり最速を出した馬は、復勝率50%、複勝回収率102%。
該当馬は⑪

重賞ノートからの狙い馬は、洋芝出走なら勝利経験があり(出走経験がない馬は問わない)5枠以降で前走4コーナーを7番手以下で通過した差し脚のある差し馬としたいです。
⑪は残りますね。

=アイビスSD=
2001年から2005年は最終週開催で、2006年から2011年は開幕週に開催が移り2012年は2週目の開催。2013からは再び開幕週。しかし全体的な血統傾向には変わりがないことを始めに頭に入れておいてください。

新設後の過去15回を振り返ります。過去27頭出走で3着以内は6年前のアルティマトゥーレと昨年シンボリディスコのみという血統が父サンデーサイレンス系です。6年前は2番人気で3着でしたので、人気よりは走らないと判断しても良いのかもしれません。今年の登録馬では父サンデー系が①③⑦ですね。

過去15回のレースで5番人気以下で馬券に絡んだ馬は19頭いますが、そのうち約半数の8頭はニジンスキーの血が入っていました。函館記念・七夕記念でもこの血統は注目ですが1000mの究極のスプリント戦でも重要な夏血統と言えるでしょう。
今年の該当馬は③⑨

新潟直1000mはなんといっても枠順からは外枠有利。過去5年の5番人気以下で馬券になった7頭全てが6〜8枠でした。また、7頭中6頭に父か母父にミスプロの血が入っていました。極限の一本調子のスピード勝負らしい傾向ですね。例外は昨年のシンボリディスコのみ。また、過去5年の馬券対象馬15頭中、近2走で5番手以内の先行経験のあった馬は13頭。今年の該当馬は③④⑦⑪⑬

重賞ノートからの穴馬の狙い馬は父か母父ミスプロ系で、枠番6枠から外枠の馬としたいです。今年の該当馬は⑩⑪


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼4
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
ひろ
ひろ
平日は都内で某業新聞紙(競馬とは全く関係ありません)で記者として働いております。

週末は重賞だけ主に予想して買います。

基本は穴予想ですが、重賞の傾向を分析した「重賞ノート」と頻繁に穴をあける【穴推奨】の精度には自信を持っています。

2016年の福島牝馬Sでは上位3頭で決着しました。

カテゴリー
登録がありません。
RSS
RSSフィード RSS
ページの先頭へ