競輪 根なし草

とある勝負師のはしくれ

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼16 コメント7
プロフィール
デラシネ
デラシネ
ちぎっては投げちぎっては投げ・・・
30数年間勝負の世界で過ごし
勝負師のはしくれとして
勝ち負けのボーダーラインに踏み込んだ予想を提供して行く所存です
カテゴリー
競輪 (1145)
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
青森記念最終日 7Rと8R 狙える穴
2016/09/11 13:14:00
テーマ: 競輪
3連単MAX40点以内の予想となります



青森7R 259 614 738

6伊藤信は捲り
先行意欲は相手次第でここは位置取りを狙うとみる

7鈴木謙太郎は格下には滅法強い勝ち方をするが
強い相手にはあっさり負ける印象
粘り強さや泥臭さが足りないと言うか
勝ちに対する執着心が薄い
ここも意識は2和田真久留となるが
後ろ攻めで油断すると突っ張られて終了もあり
早めに抑えて駆けても掛からない先行では勝ち目なし
カマシ先行か捲りを狙いたいが苦しいとみる

狙いは2和田真久留の番手同士5高木
捲りなら離れる心配もあるが
突っ張り先行となれば勝って下さいの展開をモノにする
6伊藤信の捲り1松崎の縦
3浦川の追い込み
9島田竜二の交わしまで


5=29-12369
5=136-12369




青森8R 194 536 872

連日大人気も期待に応えられず
このままでは終われない1新山響平

当然勝ちに行くなら後ろを縺れさせてペース駆けか

早駆け誘っての自分だけ捲り追い込み

後ろの9齋藤登志信がデキ悪となれば離れて当然

1新山から別線が誰でも予想する目となるが

もし1新山が前受けから全て突っ張り切り
別線に出番ナシとなればどうなるか
最後の末脚が甘く
9齋藤や3番手の4安部に食われてしまうならまたもや波乱
競走内容からもプライド高そうで
戦略の幅を見せつける
勝ち上がりのない実践で試すならこことみる


1-357-235678
9-1347-1347
4-1379-1379





コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ