競輪 根なし草

とある勝負師のはしくれ

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼16 コメント7
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
デラシネ
デラシネ
ちぎっては投げちぎっては投げ・・・
30数年間勝負の世界で過ごし
勝負師のはしくれとして
勝ち負けのボーダーラインに踏み込んだ予想を提供して行く所存です
カテゴリー
競輪 (1145)
RSS
RSSフィード RSS
青森記念3日目 準決勝12R
2016/09/10 15:59:00
テーマ: 競輪

3連単MAX40点の予想となります

青森12R S級準決勝
 195 736 428

1新田祐大と9佐藤友和に人気は集中

岩手の9佐藤友和にとって青森記念は地元記念と同じ
過去に何度も1新田祐大とは連係しているが
極端な引き出しの競走はナシ
ほぼ1新田祐大が捲りとなり
9佐藤友和が追走離れるパターン
展開が向いて1新田祐大が先行の時は両者で決まることがあったぐらい

3番手5佐藤悦夫の存在がどう作用するか

元福島で両者との連係もあった
位置決めずではなく3番手を固めて連係してくれることで
1新田祐大の自分が勝てる競走意識から
ラインの為の先行意識となるかどうか

4中井太祐と2南は初連係
また7和田真久留と3岡村も初連係

この辺りが波乱の要素となりそうで
初連係では番手が踏み出し離れるケースが目立つ
また直線入ってからの二の脚加減もわからないので
交わしに行った番手が前の踏み直しで交わせずどころか失速することもある

展開的には4中井の先制に
7和田が1新田を押さえるも
1新田が引かず退かすか追い出しかける動き
7和田が仕掛けてしまえば1新田の捲り頃となるが
抵抗するなら1新田だけこじ開けて直線追い込みとなる
また新田祐大が先行勝負に出たなら
番手9佐藤友和絶好の展開となる


9-1357-1357
9=24-1245
1=23-23478







コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ