競輪 根なし草

とある勝負師のはしくれ

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼16 コメント7
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
デラシネ
デラシネ
ちぎっては投げちぎっては投げ・・・
30数年間勝負の世界で過ごし
勝負師のはしくれとして
勝ち負けのボーダーラインに踏み込んだ予想を提供して行く所存です
カテゴリー
競輪 (1145)
RSS
RSSフィード RSS
青森記念3日目 準決勝10R 穴だらけ
2016/09/10 14:09:00
テーマ: 競輪

本線崩れる高配当狙い

3連単MAX40点の予想となります


番組屋の思惑通りの並びにならなかったとみます

単騎8齊藤竜也が北日本4番手ならこの一車は大きいのですが
単騎選択
7山田久徳と3古性の連係も別線になるとみたのか
最悪の二段構えとなってしまった
ここに8齊藤竜也が続いて
5吉本が中団キープとなれば
4新山は7番手捲り勝負
二段は越えられないので北日本ラインは崩壊となる

ならばせめて後ろの二人にチャンスをと
残り二週からぶんまわす吉田拓矢みたいな考えは
新山響平の頭の中にはない
自分が勝てる可能性がある仕掛けしかやらない新田祐大タイプ
後ろを引き出して自分は9着の犠牲なんて出来ないからこそ

7番手から捲りに構える

最終BS 3 7 8  516  429

5吉本は4新山引き付けての捲り
当然前との車間は切る

4新山は自分が勝ち上がれる仕掛けなので
捲り追い込みか5吉本乗り越えて一旦休んでからの近畿ライン追走直線勝負

3古性はぶんまわして玉砕
7山田久徳が番手捲り


7-158-12568
1=5-26
1457ボックス

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ