競輪 根なし草

とある勝負師のはしくれ

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼16 コメント7
プロフィール
デラシネ
デラシネ
ちぎっては投げちぎっては投げ・・・
30数年間勝負の世界で過ごし
勝負師のはしくれとして
勝ち負けのボーダーラインに踏み込んだ予想を提供して行く所存です
カテゴリー
競輪 (1145)
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
岐阜記念最終日 12R 決勝 折り合いが波乱を呼ぶ
2016/09/04 16:05:00
テーマ: 競輪

3連単40点の予想となります

岐阜記念最終日
 12R 決勝
 
 18 72 5 6 4(39)

7吉田拓矢と2武田豊樹の茨城ラインが人気の中心

これからの競輪界を牽引するであろう7吉田拓矢に
ここ8年程競輪界のトップで王者として君臨してきた2武田豊樹

展開的にも番手2武田が無風ならば当然人気となる

レースは4中井俊亮のハコ勝負に9武井が名乗り

先行するのが中井俊亮だと思うからの理由だが
やはり東日本と西日本で考えるならば
西日本の機動力山本伸一か中井俊亮のハコとなるのか

準決勝で南関の東が武田と勝負し敗れただけに
競るならここは武田に行くのが筋だと思うが

武井の心中はわからない

近畿別線となれば
恒例のもがき合い潰しあいで消耗戦
あっさり7吉田拓矢が捲って勝つならこの展開


4中井俊亮が後ろの競りを気にして一旦先頭に立つも仕掛けをためらい流すならば
7吉田拓矢がすかさず叩いて主導権

最終BS 7 2 5 6  4 9 3  18

番手絶好2武田豊樹と7吉田拓矢の踏み直しで両者の一騎討ち濃厚

波乱の展開は
近畿別線ながらも策を練り
どちらかが犠牲になった場合
徹底的に7吉田拓矢を牽制し
仕掛けてくるならどこまでも突っ張り切る
脚をつかわされた7吉田拓矢は失速
2武田豊樹が自力に転じて追い込む展開となるが苦しい


狙いは1山本伸一
完全に仕上がっており
展開向くなら8藤木をぶっちぎって捲り追い込みが決まるとみる

2武田の優勝は7吉田拓矢先行の時のみ
捲りは交わせない


最大の焦点は
3南と9武井が4中井俊亮のダッシュで折り合ってしまえば
そのまま最終BS 493 18 7256
届くのは1山本伸一と7吉田拓矢の豪脚のみ


2-17-157
7-125-125
1-28-2478
1379ボックス



コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ