競輪 根なし草

とある勝負師のはしくれ

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼16 コメント7
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
デラシネ
デラシネ
ちぎっては投げちぎっては投げ・・・
30数年間勝負の世界で過ごし
勝負師のはしくれとして
勝ち負けのボーダーラインに踏み込んだ予想を提供して行く所存です
カテゴリー
競輪 (1145)
青森ミッドナイト最終日 6RとA級決勝7R
2016/09/02 22:36:00
テーマ: 競輪

青森6R 27 15 634

ここは大本命3好永が負けられない
準決勝はジャン過ぎ4角まで仕掛けて来なければ
舐めるなよの突っ張り先行に出たが
さすがに距離が持たない
前を任せる6竹元が先行でも捲りでも最後はキッチリ交わすとみる
4加藤が続いての34は大本線

紛れがあるとすれば
2三好のイン粘りから6竹元が流して1川口が先行
3好永は2三好を捌いてもさらに7鈴木龍之介が3好永に絡むならば苦しい

1川口の番手5山田と6竹元の絡みで波乱となる

6竹元が粋っぷりのイイ先行するならば
3好永が勝って当然

3-4=167
3-2=17
5=6-137




青森7R A級決勝
 27 15 43 6

1保科はマイペースで自分の競走
準決同様地元の5開坂が番手でも関係ない
先行策はないとみる

2長井も捲り主体では逃げるのは4丹波でほぼ間違いなく
出切ってしまえば中団の縺れを誘ってペースに入れる
緩急つけた先行で後続を揺さぶれるなら3小西とのゴール前勝負まで粘り込む
単騎6石貞が3番手をキープするなら狙い目
前の二人を交わせて当然の縦脚アリ

後手を踏む1保科が捲りを放つが3小西の横までとみる
2長井は直線追い込んでどこまで
サラ脚の7安坂の中割強襲
地元5開坂はコース探して突っ込みハンドルぶん投げる

4丹波孝佑の先行から3小西が優勢とみる

3-4=567
6-3-2457
7-3-456 
5-3-467


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ