競輪 根なし草

とある勝負師のはしくれ

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼16 コメント7
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
デラシネ
デラシネ
ちぎっては投げちぎっては投げ・・・
30数年間勝負の世界で過ごし
勝負師のはしくれとして
勝ち負けのボーダーラインに踏み込んだ予想を提供して行く所存です
カテゴリー
競輪 (1145)
RSS
RSSフィード RSS
川崎F1ナイター最終日 S級決勝 11R 95期
2016/08/29 19:24:00
テーマ: 競輪

3連単MAX40点の予想となります



川崎11R S級決勝
 59 216 84 73


単純に脚力の比較ならば
2河端>5北津留>7佐川>8小原
なのかもしれないが
3番手と8番手では例え8番手の脚力が上でも3番手が勝つのが競輪

積極性では7佐川
番手3西岡との相性も良さそうで
ここも仕事を信頼しての先行勝負とみる
地元8小原と4五十嵐は位置取りに拘る
前々に踏み込んで3番手を確保する可能性が高い

2河端はホームでカマスか捲り追い込みとみる
連日長い距離を踏めておりダッシュも強烈
道中牽制の煽りもなく出切るならばそのまま押し切るパワーは十分
問題は5北津留
スピードはあるが組み立てが流動的
流されて8番手となれば万事休すなのだが
たまたま恵まれて中団になれば簡単に捲ってしまう
2河端ラインが即席だけに仕掛けを遅らせた場合
5北津留は5番手に潜り込む可能性が高い

2河端捲り追い込み
A最終BS 73 84 59 216

2河端カマシで主導権
B最終BS 216 73 84 59

Bの展開ならば5北津留はバッサリ斬れるのだが
Aの展開では8小原の仕掛けを外踏んで乗り越えてしまえば優勝となる

深読みだが
2河端と8小原は共に95期
同期の絆と言うものがあるならば
同期のホームバンクでのS級優勝のチャンスを
わざわざ自ら邪魔するだろうか
結果的に他のラインが邪魔をしるなら心も痛まないはず

よって2河端は仕掛けず捲り追い込み3着まで

狙いは川崎両者

8-23459-23459
4-23589-23589





コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ