競輪 根なし草

とある勝負師のはしくれ

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼16 コメント7
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
デラシネ
デラシネ
ちぎっては投げちぎっては投げ・・・
30数年間勝負の世界で過ごし
勝負師のはしくれとして
勝ち負けのボーダーラインに踏み込んだ予想を提供して行く所存です
カテゴリー
競輪 (1145)
F1岐阜最終日 S級決勝 11R 岐阜の至宝
2016/08/10 15:36:00
テーマ: 競輪
3連単28点の予想となります


岐阜11R S級決勝
 719 246 8 53

岐阜の至宝 志智俊夫


かつてヤマコウが冗談混じりに発した言葉だが
岐阜競輪界においてやはり1志智俊夫の復活は大いに期待される
初日特選にねじ込む番組屋の努力もあり
2日目も3着同着で勝ち上がってきた


ただし決勝のメンバーは強い
また初日特選のような競走のぬるさもない

7中井太祐は先行あるのみ
最終4角まで1志智を引っ張るのみ
ここで自分の着など意味はない


5坂本周輝は捲り
捨て身の7中井と踏み合っては後ろの3竹内にも迷惑がかかる
問題は2金子哲大
後ろに4志村6兵藤と並ぶなら先行勝負となる可能性が高い
先行意識も高く7中井太祐ともがきあい上等で駆けるとみる


恵まれるの5坂本周輝と単騎8久米康平

もがきあいの決着は共倒れ
番手以降のしのぎ合いは1志智の気合いが勝るとみる
あと6兵藤は動き良い


2金子哲大が7中井を行かせ中団に構えたなら
番手絶好の1志智が直線抜け出し涙の復活優勝を成し遂げるとみる


ポイントは2金子哲大が空気を読むのか
それとも相手が誰だろうと容赦なく攻めるのか


1-9=23468
3=5-168
5=8-136
58-1-3568


3連複 13568ボックスの併用を保険として推奨します


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ