競輪 根なし草

とある勝負師のはしくれ

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼16 コメント7
プロフィール
デラシネ
デラシネ
ちぎっては投げちぎっては投げ・・・
30数年間勝負の世界で過ごし
勝負師のはしくれとして
勝ち負けのボーダーラインに踏み込んだ予想を提供して行く所存です
カテゴリー
競輪 (1145)
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
大宮F1 最終日 6Rと8R
2016/07/14 12:15:00
テーマ: 競輪
大宮6R 236 15 9 478
4松田大と9白井が単騎に別れるならばと
7田中孝彦が4松田大の番手主張
4松田が仕掛けてくれたなら軸は7田中孝彦で間違いない

駆けても長く踏めず捲りもキレがない2三登は受動的な追い込み勝負とみる
1鈴木雄一朗は前々踏み込みから最低中団
流れで7田中孝彦をどかしにいくことも有り得るが
ここは中団から捲り勝負とみる

7=8-1359
1=5-3789
1=7-4589







大宮8R 71 28 34 695

先行勝負6野口正則
番手9三谷将太のアシスト信頼で主導権取り

その4番手を追走したい7萩原孝行に2齋藤登志信
どちらもショート捲り狙いの自力勝負とみる
捲りに構える3岸澤は緩めばカマシも

狙い目は2齋藤登志信の縦から8榊枝の絡み

9=5-12378
2-589-135789
2589ボックス








コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ