的中重視馬券

軸1.2頭 多点買い

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

プロフィール
シンガ
シンガ
カテゴリー
登録がありません。
RSS
RSSフィード RSS
月別アーカイブ
2016/7 (3)
2016/6 (12)
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
6月11日の結果と波乱度の紹介
2016/06/11 21:39:00
テーマ: 未設定
6月11日の結果を報告します。

レース選定に活用している波乱度を紹介します。
結果を報告する前に波乱度を紹介します。

馬単36点買いと多点買いのため、そこそこ荒れるレースを選定しないといけません。

そこで波乱度を分析します。

参考にしているのがコンピ指数です。

コンピ指数で能力を把握して、荒れ具合を考えます。
因みに掲載している能力は、別のものです。

コンピ指数
100が最高値で60までの馬の頭数で、何強レースかを見る

後半レースの波乱度を紹介します。

東京7R 4強だが、トップ指数88 波乱度2
東京8R 3強 波乱度3
東京9R  3強 波乱度3
東京10R 3強だか、能力均衡 波乱度5
東京11R 5強 波乱度7
東京12R 5強で、トップ指数が低い 波乱度8

阪神7R 4強だが、トップ指数85 波乱度6
 しかし、能力把握ではダントツなため、この場合は、信用できない。

阪神8R 2強 波乱度5 結果は1頭つぶれ、頭も取れず
阪神9R 4強だが、能力均衡 波乱度3 結果は、大荒れ
ちなみに79.77.62.61
阪神10R 3強 波乱度1
阪神11R 3強 波乱度1
阪神12R 4強 波乱度1 指数80.72.62.61

各レース半分は、波乱の少ないレース
そして、私は、競馬のバランスは、4強だと思っています。
理想は1頭指数が高く、他3頭が60台のレースです。

4頭軸で、決まったレースは、全部波乱度の低いレース、もちろんトリガミです。

これからは、後半のレースの波乱度を紹介して勝負度合いを決めます。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ