的中重視馬券

軸1.2頭 多点買い

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

プロフィール
シンガ
シンガ
カテゴリー
登録がありません。
RSS
RSSフィード RSS
月別アーカイブ
2016/7 (3)
2016/6 (12)
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
6月5日の精度が下がったのは何故か?
2016/06/06 16:10:00
テーマ: 未設定
6月5日の精度が下がった理由を検証します。

馬場状態を考慮しないといけません。

逃げ馬に要注意です。

東京
計4レース 能力上位が来たので次第点。
阪神
計2レース、不甲斐ない結果。

後半レースこそ狙い目という持論が成り立たなくなってしまいます。

成果ばかり目を向けていては、前進できません。
なぜ、精度が下がったのか、原因を追求しないといけないです。

降級馬による能力把握の不備か。
能力上位に乗っている騎手の不発か。

悩んだ末見つけた答え
馬場状態

この日阪神は、重の発表。
この重馬場で起きた特長があります。

それは、逃げ馬の逃げ切り。

芝の重馬場は、スピードが出なくなります。
しかし、それは、全馬に影響します。
ならば自分のペースを作れる逃げ馬が有利です。

阪神7R
第一本命は、ダブルイーグル
3歳馬は、リアルキングだけが、恐いと思っていました。
良馬場なら捉えていたかもしれないです。

阪神9R 鶴橋特別
ピエールドリュヌの逃げ切り
この馬実は、能力は3位で、高配当が狙えたレースです。 
エントリーレースに設定できなかったことが悔やまれます。

阪神11R 垂水S
マイネグレヴィルの逃げ切り
上がり3ハロン1位の2着馬オースミナイン
良馬場なら、差し切っていたかもしれません。  

阪神12R
グルーヴァーの逃げ残り2着。
良馬場なら、メジャーガラメキの逆転もあったかもしれません。

このように、馬場状態、展開が、違っていれば、的中出来たかもしれないレースばかりです。

正直馬場状態が、変化していても、いつもと同じように買っていました。

しかし、改めないといけないです。

逆に言えば能力上位の逃げ馬は、信用できるとも言えます。

他にも、重の状態で、鮫島克、田辺などが、逃げ馬に乗っていたらチャンスとも言えます。

他にも、重馬場でも戸崎は、安定していることも注意です。

逃げ馬の逃げ切り以外は、戸崎が、1着を取っています。

重馬場の狙い方も分かりました。

精度をより上げてがんばります。


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ