バルキュノの革命的競馬予想ブログ

回収率148%  収支+62万4620円

GⅢ新潟記念の結果と収支、そして秋競馬への意気込み
2016/09/04 21:44:00
テーマ: 未設定

夏競馬、閉幕(´・ω・`)

振り返れば7,8月で
20万円の利益を出す事が出来ました。

読者様からも感謝のお言葉を頂けた事も嬉しかったですし
だからこそ今週の勝負レースは




的中で締めたかったのですが・・・





今日はGⅢ新潟記念の結果と反省、
そして夏競馬の的中馬券の振り返りと
更なるプラス収支の回収率を目指すためにも
秋競馬への意気込みをまとめたいと思います。




馬名 性齢 負担
重量
騎手 タイム 着差
単勝
オッズ
後3F コーナー
通過順
厩舎 馬体重
1 8 17 アデイインザライフ 牡5 55.0 横山典 1:57.5 2 6.1 32.7 (美浦)萩原 560(0)
2 7 14 アルバートドック 牡4 58.0 戸崎圭 1:57.6 3/4 1 5.0 33.2 (栗東)須貝 480(+4)
3 6 12 ロンギングダンサー 牡7 53.0 吉田豊 1:57.7 1/2 9 18.3 33.1 (美浦)勢司 490(-2)
4 1 1 ベルーフ 牡4 57.0 田辺 1:57.7 ハナ 7 11.2 32.8 (栗東)池江 486(0)
5 4 8 ルミナスウォリアー 牡5 55.0 柴山 1:57.8 クビ 4 7.4 33.6 (美浦)和田郎 474(-4)
6 4 7 ファントムライト 牡7 55.0 内田博 1:57.8 クビ 6 10.3 33.8 (栗東)藤原英 496(-12)
7 8 16 ムスカテール 牡8 57.0 津村 1:57.8 ハナ 16 103.1 33.6 (栗東)友道 482(-6)
8 5 10 マイネルミラノ 牡6 57.5 柴田大 1:57.9 3/4 5 8.5 34.1 (美浦)相沢 486(0)
9 8 18 クランモンタナ 牡7 56.0 和田 1:58.1 1.1/4 11 24.2 34.4 (栗東)音無 476(-4)
10 3 5 マジェスティハーツ 牡6 55.0 森一 1:58.3 1.1/4 14 45.6 34.0 (栗東)松永昌 490(-4)
11 7 13 サトノギャラント 牡7 55.0 北村宏 1:58.4 3/4 12 41.3 34.5 (美浦)藤沢和 508(0)
12 5 9 メイショウナルト セ8 56.0 柴田善 1:58.8 2.1/2 17 145.4 36.4 (栗東)本田 460(+6)
13 6 11 マイネルディーン 牡7 54.0 石川 1:58.9 1/2 15 50.1 34.5 (美浦)鹿戸 460(-4)
14 2 4 バーディーイーグル 牡6 54.0 蛯名 1:59.1 1.1/4 10 23.2 35.3 (美浦)国枝 498(+2)
15 7 15 ○外エーシンマックス 牡6 53.0 石橋脩 1:59.1 クビ 13 42.2 35.0 (栗東)西園 508(+4)
16 2 3 ダコール 牡8 58.0 Mデムーロ 1:59.1 ハナ 3 6.9 35.4 (栗東)中竹 468(-6)
17 3 6 アロマカフェ 牡9 54.0 木幡巧 1:59.2 クビ 18 176.7 35.2 (美浦)小島太 480(0)
18 1 2 エキストラエンド 牡7 57.0 岩田 1:59.2 ハナ 8 16.6 35.5 (栗東)角居 468(+4)



















新潟11レース GⅢ新潟記念
1着 △17アデイインザライフ
2着 〇14アルバートドック
3着 △12ロンギングダンサー


16着 ◎3ダコール



馬連 馬単 3連複 
ハズレ
-25800円







9メイショウナルトが大逃げを打ちました。
4コーナーでも距離があったためか、先行勢は早めに捕まえに行き
結果としてハイペース、大外のラチ沿い及び
後方待機馬以外用無しの展開となり
差し、追い込み決着。

ゴール前はまるで
アイビスサマーダッシュを見ているかのようでしたね。




まずは◎3ダコールの話をしようと思います。
馬体重がここ3走で2キロずつ減らしていました。
今日はそこから更に6キロで、普段はあまりパドックや
返し馬は気にしない予想スタイルなのですが、
今回は若干馬体がいつもより細いような印象を受けたのも事実。
この辺りから若干、イヤな予感はしていましたが・・・
スタートで出遅れ、そしてインから3コーナーまでに前へ
追い上げて4コーナーでは既に離れた2番手でした。
直線へ向いた時点でもう手応えは怪しくなり、失速。
ここまで今年は4着以内の善戦マンでしたが
ついに16着の大敗となりました。
この結果から、夏競馬の暑い時期に3レース使う事による
疲労があったではないかと考える事が出来ます。
この季節に馬体重が減り続けているのに
常時58キロのトップハンデ、この点も響いたのでは。
このレースまでの調整、出遅れて道中で脚を使えばこの結果も仕方ありません。
外差し、外枠の決着でしたしこの枠も不利になったかと思います。
以上の内容から、この馬を◎とした予想を反省しています。



申し訳ありませんでした。






勝った
△17アデイインザライフ
休み明けの1戦で横山ノリ騎手という事もあり、
後方ポツンでのヤラズが怖いのでこの印にしました。
スタートからいつも通りの後方追走、直線では大外へ持ち出して
そこから追い出したらグングン伸びて最後は余裕のある差し切りでした。
外からの差しが有利な展開になりましたが、休み明けでも関係ありませんでした。
この騎手の特徴でもある極端な後方待機が上手くハマったパターンかと思います。
しかし、これまでのレースでも東京の同じ距離で似たような競馬をしてきましたから
コース適性自体は悪くは無いだろうなとは思っていました。
しかし、1600万下からの馬だった事もありましたし
何よりも休み明けが予想ではネックでした。
ディープインパクト産駒狙いと言っておきながら勝ったワケですから
狙う馬、及び評価する馬を間違えてしまいました。
終わってみれば6倍台の2番人気、己の予想力の足りなさを実感しました。

2着には同じくディープインパクト産駒の
〇14アルバートドックでした。
これで1,2着は狙いとした血統のワンツーとなってしまいました。
馬券はここを攻めると宣言しておいてこの結果は悔しいです。
よりにもよって来ない方のディープインパクト産駒を選んでしまうとは・・・
この馬も後方待機、直線でも前に壁も無く良い位置から追い出しました。
勝ち馬に交わされてからもこの馬の能力は見せました。
展開も向きましたが、スムーズに競馬をした戸崎騎手の腕も光りました。
これでおそらくサマー2000mシリーズのポイントが入るので
チャンピオンとして5000万円が入る事になるでしょう。
勝ち負けまでのメイチ仕上げは間違いない1頭でしたし、
軸とするならこの馬という予想が必要でした。
左回りが疑問なのは世間と同じで
東京と中京で見せ場がありませんでしたが、それでもここでは好走。
左回りよりも平坦が得意な馬として記憶に刻み、
次の出走の際に予想で活かしたいと思います。

3着には昨年4着の
△12ロンギングダンサーが入選。
展開がこの馬の末脚に味方しましたね。
このコースでも勝ちがありますし、
53キロなら一発あるのではと思っていました。
この馬のコース適性は評価していましたが、
ここまで追い込みが有利な展開までは予想出来なかったので、この印としました。
今日は明らかに有利な展開でしたし、次は人気なら疑った方が良いかもしれません。













繰り返しますが、狙い目とした
ディープインパクト産駒のワンツー。
夏競馬のトレンドだと話をしてきましたが、
見事に来ない方を本命にしてしまいました。
このレースにしては珍しく1,2番人気決着ですから
ディープインパクト産駒狙いで当たりを引いた方もいるのでは無いかと思います。

この結果には反省します・・・











+20万円の収支となった夏競馬を振り返ります。
9月はまだ始まったばかりですが、
取りあえず7月からの勝負レースの予想印と
的中した券種をまとめたいと思います。


7月
ラジオニッケイ賞 
→無→無
単勝 的中


CBC賞
→△→△
単勝、馬連、馬単 的中


七夕賞 
△→→無
馬連、馬単 的中


プロキオンステークス 

馬単、3連単 的中


函館記念
→△→


中京記念
無→→△


アイビスサマーダッシュ

馬単、3連単 的中


クイーンステークス
無→→無




8月
レパードステークス
△→→無
馬単 的中


小倉記念
△→→△
馬連、馬単、3連複 的中


関谷記念
△→△→


エルムステークス
△→
3連複 的中


北九州記念
→△
馬単、3連単 的中


札幌記念
→△
馬連、馬単、3連複 的中


キーンランドカップ
→△
馬連、馬単、3連複 的中




9月
新潟記念
△→〇→△





合計16レース
12レース絡みました。
その内、3着は1度のみで他は1,2着となっています。
2か月と1週間の中で複勝率75%
だったという事は素直に嬉しいですね。


反省すべきは的中したレースの内容です。
1,2着固定とした馬券で攻めていく
予想と勇気が足りないと毎度書かせて頂きました。
3着はエルムステークスのみで、思い切って全てのレースで
1,2着固定馬単3連単のみで当てていたら
もっと高い払い戻しが出来ました。

そしてこれも何度か言っていますが、これは結果論だという事です。
3着だった場合で、もし3連複の良い配当の馬券を
外してしまったらという結果を恐れていました。

もっと本命の
過剰的だったとしても勝ち負けまでの自信を持つべきだったと思っています。







秋競馬ではその馬券の軸の判断を
大胆に
時には冷静に(´・ω・`)
これからは勝負していきたいと思います。












年間重賞馬券収支 

+26万4120円

購入レース 78レース
的中レース 28レース

的中率 36%
回収率 132%
投資金額 806300円
回収金額 1070420円













来週から阪神中山開催が始まりますね。
個人的には馬券でも悪くは無い相性の部類に入る競馬場です。



土曜日には今年からGⅢに格上げされた秋華賞トライアル
紫苑ステークスが行われます。
賞金に不安がある関東馬にはありがたい話ですね。
元々はメジャーエンブレムが参戦予定でしたが、怪我のため回避。
これで多少は人気が割れそうですし、
なかなか面白いメンバーとなりそうです。
このレースは今年からの重賞ですので、
やや手探りな所もありますが勝負はしたいと思っています。

日曜日は中山で昨年は200万馬券が飛び出した
GⅢ京成杯オータムハンデキャップ
が行われ、改修後の中山競馬場は差しが決まる印象。
昨年はまさにその影響があったのではないかと考えています。
元々開幕週でも前目だった馬よりも
中団、後方にいた馬の活躍が目立つので
今年もレース傾向から差し馬に注目したいと思います。
高配当を期待(^^)/

そしてGⅠスプリンターズステークスへ向けての前哨戦
GⅡセントウルステークスが行われます。
このレースはサマースプリントシリーズの最終戦です。
夏競馬の終わりなのか秋競馬の始まりなのか微妙な感じではありますが
このレースは先行、インコースが有利でいかにも
開幕週の馬場と思って良いでしょう。
昨年は3歳馬が休み明けで逃げ切り勝ち、高配当となりました。
今年はなんと3歳馬はおろか4歳馬の登録すらありません。
5~8歳馬の争いとなります。
注目は何といっても高松宮記念を勝った
ビッグアーサーでしょう(/・ω・)/
阪神は1200mでは2戦2勝、阪神カップでは1400mながらも3着。
コース適性は疑いが無い1頭で、他の登録馬では差し馬が多いので
ここでは中心的存在ですね。











来週から本格的な秋競馬の幕開け!
夏競馬の好調を維持したいですね。



来週もよろしくお願いします( `ー´)ノ








コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼63 コメント16
ページの先頭へ