バルキュノの革命的競馬予想ブログ

回収率148%  収支+62万4620円

中京記念の結果と収支
2016/07/24 20:59:00
テーマ: 未設定
中京記念の結果をまとめます。
中京記念
1着 無13ガリバルディ
2着 〇7ピークトラム
3着 △12ケントオー

10着 ◎8ダッシングブレイズ

馬連 馬単 3連複 ハズレ
収支 -18100円



勝った13ガリバルディはこのクラスで通用しないと判断し、消しましたが
福永騎手も今週は9勝を挙げ、馬場を歩いてチェックしていた事だけありますね。
恐れ入ります。
直線まで慌てず外に持ち出したら一気の末脚、ここ3戦は早仕掛けが裏目に出ていた
という事だったのでしょう。
このコンビなら複勝率100%の相性でしたし、今こうして結果が出ている事
を考えれば、人気が7番人気なら抑える価値はあったという反省点があります。

そして、先週の函館記念と同様、唯一のディープインパクト産駒でした。
七夕賞ではワンツーでしたし、夏競馬の傾向としてこの血統は買いと
思って予想に入れる必要がありそうです。


2着は〇7ピークトラムでした。
今日も中団前目に付けて粘り込みを図りました。
まさに名前の通りのピークでしょう。
左回りのマイルは得意舞台、この馬の実力はわかっていたつもりでしたが・・・
チチカステナンゴ産駒もこのコースが良いというデータも記事の通りで、
買い材料は充分でしたし、この馬を思い切って本命として勝ち馬を何とか印を回すという
予想力が必要でした。
関谷記念に出てくれば上位人気でしょう。


3着は△12ケントオーでした。
最後方から追い込んでの入選、前走の圧勝はフロックでも無かったですね。
坂があるマイル戦で今後は注目したい1頭です。





◎8ダッシングブレイズは完全に前が空かないポジショニングでしたが、
このリスクは承知の上、1番人気でも実力を発揮してくれると思っていましたが、
過信しすぎました。
馬体重は+10キロ、夏としては成長分というよりはどこか調整に難があったかもしれません。
そして、ルメール騎手も中京の重賞では高松宮記念の3着以外馬券内が無い事も
わかっていながら本命としていました。
脚質の観点から追い込むがアタマよりも
抜け出しが遅れて2,3着争いになるのではと予想していた自分がいた事も事実です。
なので馬単の馬券が旨いと判断して厚めに購入した結果、この考えは甘かったです。
展開不利をもう少しこの枠なら考え直す必要がありました。
申し訳ありません。











年間重賞勝負馬券収支 +120060円
購入レース 68レース

的中レース 21レース



的中率 31%
回収率 117%
投資金額 687500円
回収金額 807560円















来週は再び地元の新潟開催がスタートします。
自宅からは高速を使っても1時間半くらいかかりますので
あまり行きません。
なにより暑いですι(´Д`υ)

平場はあまり勝てないのが自分ですので、仮に競馬場へ行っても
小銭程度の遊び感覚でしか馬券は買わないつもりです。


伝統の直線競馬、GⅢアイビスサマーダッシュが行われます。
ここ数年は荒れそうな印象ながら硬い決着が続き、個人的には悩ましいレースです。
まあ、2着馬は穴でしたが・・・
好きか嫌いかで言えばあまり好きでは無いですね。
今年こそ波乱が起きるのでは?と考えるしかありませんね。
ベルカントが連覇を目指して参戦してきますし、

このレースは枠に注目しています。
外枠有利は世間の常識ですが、昨年を除けば2枠の馬が
5年連続で馬券になっています。
1~4枠は全然来ないのに内では2枠、外では7,8枠の馬が好走傾向。
本格的予想はやはり枠が出てからですね。
人気で内から真ん中の枠ならやや疑ってかかるのもまた必要かと思います。
ただし、2枠は来やすいというデータは不思議です。



札幌競馬も始まり、牝馬重賞の
GⅢクイーンステークスが行われます。
注目はオークス2着のチェッキーノでしょう。
思い返せば昨年の勝ち馬はメイショウスザンナで、1800m適性で狙った
中山牝馬ステークスで15番人気ながら穴で狙い的中しました。
福島牝馬ステークスでは4番人気に支持されながら追い込みは不発、
そのレースの勝ち馬は同じく1800mでは結果を出していたマコトブリジャールでした。
最近の牝馬重賞の穴パターンとして、近走は大敗ばかりだったとしても
やはり距離適性を狙いたいですね。







2週連続でハズレのみの報告で申し訳ありません。
CBC賞からもともな配当を当てていませんし、来週こそはという思いです。




それではまた(-ω-)/



コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼63 コメント16
ページの先頭へ