aiko ライブレポ 倉庫番

過去のものからLLP19まで

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼36 コメント7
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
りょーくん
りょーくん
カテゴリー
登録がありません。
RSS
RSSフィード RSS
aiko LLP19 05.29 山梨ライブレポ
お礼3
2016/05/30 16:40:00
テーマ: 未設定

悪くなかったですけどね…



ハッキリ言って
僕らはaikoを舐めていたのだろう。


いや、僕らと言って
みなさんを巻き込むのはよくないか。
僕は、としておく。


初日、華々しく幕開けをしたLLP19。
LLP17の時とはまるで違う
滑り出しとなった。


でも初日がうまくいったとはいえ
2日目は初ライブの山梨県で
緊張感は初日と変わらないだろうから
ここでのセトリ変更は
リスクも高いししてこないだろう
と、ライブ前は勝手に思い込んでいた。


そもそも初日と2日目の間に
アルバムのキャンペーンで
大阪に行ってたりしたから
どこにそんな日程があるのか
といった感じだったから。


18時40分。
場内のSEに対して手拍子をする会場。
こんなにも待ちきれないファン達が
総立ちになってまるでライブが
もうはじまってるかのように
盛り上がってるのをはじめて見た。


お、これはいい雰囲気だな…
と、全身が熱くなってきた頃暗転。


01. 何時何分


山梨コラニーホールは
サイズは市川の会場と変わらないが
客席の斜度が市川ほどないから
後ろの人はなかなか
見にくかったのではないか。


音響も市川のほうが
スピーカーの数が多かったのか
がつんと腹の底に響く感じで
山梨の音は少し軽く聞こえた。


なぜかここで想定外のことが起きる。
開演前に会場が一体化していて
嬉しかったからなのか
理由はよくわからないが
突然目から涙が溢れ出した。


この日はそこまで緊張もなかったし
ナチュラルにのぞんだはずなのに
突然の号泣に自分自身でも驚いた。


02. プラマイ (あたしの向こう)


イントロのギター音が
少し出ていなかったから
会場中が、ん?っとなるも
すぐに、うわセトリ変えてきた…
と、把握する。


実際、自分のセトリ予想も
2曲目はプラマイだろう
と思っていたから
もっとしっくりくるかと思っていたが
2曲目はあたしの向こうのほうが
会場がひとつにまとまるようだ。


といってもまだ初日と山梨でしか
比較ができないから
どこか同じホールで2days行ったら
そのへんは検証したいと思う。


03. どろぼう (運命)


マイナーチェンジかな?
と思いきや3曲目も変更。
個人的にはどろぼうのほうが好きだし
会場も盛り上がっていたが
全体の流れとしては
Aパターンのほうが
(この日のをBパターンとして)
良かった感じはある。


それにしてもこの日は
初日とは違い古参が全然おらず
古参に対する発言もなければ
昔を懐かしむようなトークもなし。
その結果、めちゃくちゃ多めに
ご挨拶をいただいた。


04. 雲は白リンゴは赤


ここは固定。
ここまで順調に進んでいく。
会場の一体感も抜群で
2日目もこれは成功だな…
とこの時点では思っていた。


MC


ところが、MCが盛り上がらない。
ずーっと軽くスベってるような状況で
MCが進んでいき
絡んでくる男子がちらほらいるものの
初日のように絡み慣れしてる
メンツではないが為に
オチまでたどり着かずに絡みが終わり
結果aikoがダラダラと話す感じに。


県民性なのかみんなマジメに
トークを聞きすぎていて
もっと笑ったり突っ込んでいいところも
シーンと静まり返って聞いていた。


ライブ前、あんなに盛り上がって
aikoコールまでしていたのが
嘘のように黙ってみんながaikoの話に
耳を傾けるのは悪くはないのだが
もう少し笑ってあげないと辛い…


05. 信号


aikoの調子はここまでは良好。
緊張もあまり感じない。
信号も歌い慣れてきているのか
うまくオンオフがつけられていて
いい感じだった。


06. 遊園地 (蝶の羽飾り)


イントロで声が出た。
アメブロ読者ならご存知の通り
自分と言ったら遊園地
遊園地と言ったら自分だろう。
(違ったらごめんなさい)

この日の相方はaikoファンの有名人
青森のりんごちゃん
(これはもうペンネームみたいだな…)
で、開演前にLLP17の青森の話やら
沖縄の話で盛り上がっていて
沖縄の遊園地が何より楽しかった
という話をしていたから
まさかの遊園地に絶叫だったし
もうそれはそれは踊り狂った。


でも蝶の羽飾り同様
ちょっとテンポが遅い…
中盤だから、というのもあると思うが
LLP17ぐらいのテンポだと
もっと嬉しいのだけど…


07. 問題集


ここも変わらず。
曲中はいい感じなのだが…


MC2


ここのMCもイマイチ…
それがどんどんaikoに焦りを与えていく。
これで曲中も盛り上がってなければ
全体的にもっと頑張らなきゃ!
ってなるんだろうけど
ライブは盛り上がっているだけに
MCなんとかせな!!
と、なる一方。
焦れば焦るほどあの人のMCは
うまくいかなくなるのは昔から…


08. もっと


この日、生涯はじめて
両親をaikoライブに連れてきたのだが
その両親が好きなのがこのもっとで。


親の意見は、CDより生歌のほうがいいと。


ほんとにそう思う。
CDよりテレビより
ライブのもっとが何よりいい。


初日も素晴らしかったけど
この日も完璧だった。


が、この辺から異変が…


09. ココア (前ならえ。)


またイントロで声が出た。
夏のツアーでココアをやるとは!
本公演ではLLP14以来。


でもなんだか聴いてる感じがするのは
なんでだろうか。


10. 洗面所 (星のない世界)


これまた驚愕。
なんせLLP9からやっていない。
9は2公演しか行ってないから
自分ですら聴くのは3回目となる。


イントロのフルートは
こーじゅさんが担当していた。
みんな色んな楽器ができるのねー。
洗面所はあの音が重要なので
素晴らしいバンドメンバーのおかげで
こうやって色んな曲が出来るんだなーと
改めて思った。


が、さきほどからの異変が
この曲で爆発する。
声が突然ガサついてきていたのだが
ここでそれが本格化してしまい
裏返ったり出なかったり。
そもそも難しい洗面所なのに
かなり神経を使って歌っていた。


11. 朝の鳥
12. 愛だけは


弾き語りは変わらず。
即興はこの日も失敗。
いや、失敗ってわけじゃないけど
成功って感じでもないというか…


毎回エロで落とすとか
恨みソングで落とすとか
このツアーの縛りを作ったほうが
いいのではないかと思う。
自由に作っているんだけど
なんだか昔ほどうまくまとまらない。


ってか尺もかなり取るし
やめたらいいのでは…


13. 冷凍便


冷凍便もだいぶいい感じに。
でも思うのだが
この曲のブリッジの部分
CDで聴く限り
手拍子は裏打ちで入っている。


あたしの心は真っ青で


の部分。


ここを裏打ち指示して
会場みんなで叩いたら
かなりいい歌になるのでは?
と思うのだが、難しいからやらないのか?


いつかどこかのライブで
成功させたいものだが…


14. 未来を拾いに
15. キスする前に (その目に映して)


未来を拾いにのテンポが
初日より少しだけ
ROCK7に近づいた感じがして
ノリやすかった。


そしてキスする前に。
その目に映しての裏といったら
キスする前に、だろう。


猫の裏だったら?
小鳥公園


気づかれないようにの裏は?
明日もいつも通りに


そう思うのは自分だけだろうか。


16. イジワルな天使よ世界を笑え!


まさかの!
昔はそれこそ毎回やっていて
この曲の後のMCでaikoも言ってたけど
本当に全員がやるまで
終わらせてもらえない
みたいなのがネタだった。

なんだか昔のPOPにいるような気が
セトリを聴いていてめちゃくちゃして
ものすごく嬉しくなった。
このツアーは色んな地方で
このセトリがどうお客さんによって
色を変えてくれるのか
見てみたいなーと強く思った。


17. Loveletter


なかなか歌いださない。
軽いMCを挟んでラストの曲なんだけど
良いことを言おうとするも
うまく言葉にならなくて
ダラダラと…
まだアンコールがあるというのに
まるでアンコールラストの曲のように
終われないaiko。


でもうまい言葉が見つからないのは
どうしても初日と比べてしまうから
ではないだろうか。


この日もどちらかといえば成功で
いいライブだった。


でも、初日からこの日を連戦した人は
やはりどこか燃えきれないというか
ある種の諦めのような何かを
感じただろうと思う。


なんとも贅沢な話なんだけど
あまりにもものすごいライブを
経験してしまったが為に
歯がゆさを覚えてしまうという…


それが如実にaikoのトークにも
あらわれていた。


なんて言うんやろな…
の連発。



en01. 蒼い日
en02. 大切な今
en03. 夢見る隙間


アンコールは変わらず。
もちろんこの日涙はなし。
古参に対する熱い感謝もなし。


でもこれは普通だ。
初日が特別すぎただけで
それをまた期待するのは無理があるし
初ライブの山梨でここまで
盛り上がってのだから
大成功と言ってもよかったのに…


しかもセットリストも変わっていて
その選曲も素晴らしく
このツアーの今後が楽しみになった
重要な1日だったというのに…


このツアーはずっと
あの初日の影を追い続けるのだろう。


いつかきっと超える日がくる!
と、ファンみんなで信じて
その日を作っていくしか
ないのだと思う。


aikoもこんな経験は初めてだろうから
今後このツアーでaikoのトークや
表情がどう変わっていくのか
それも楽しみに追っていきたいと思う。


ってか終了時間21時40分って…
ダブアンした初日より押してるし…


そりゃ千葉さんに怒られるわ…
最後は天の声みたいな
まだおんの?的な声だけで
最後の挨拶をしてくれました。


裏レポはまた個人的なライブ話と
両セトリでどっちが良いかなどを
細かく書きたいと思います。



ページの先頭へ