きゅうさくの今日も競輪でハッピーライフ

競輪というと、なんか胡散臭くて、おじさんが平日の昼間っから何やってんだろう、タバコ臭くて、柄がわるくて、とすべてマイナスイメージで行きにくい。そんなイメージに誰がした、責任者出て来い‼️ と夫婦漫才みたくなっちゃいましたけど、私は物心つく前から子守がわりに競輪場に連れて行かれ、お昼は肉の入っていない焼きそばや煮込みの、今で言うB級グルメに親しんできました。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料

初月無料について

・初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。


・初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。


・ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。


このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

プロフィール
きゅうさく
きゅうさく
?content_type=profile&content_id=428&typ


50歳まで東京の某区役所で係長をやっていました。

幼い頃から子守がわりに父親に競輪場に連れていかれ、昼ごはんやおやつは、焼きそば、カレーライス、にこみライス、ラーメンが大好きでした。

廃止寸前の競輪を、このまま無くしていいものか。

手遅れかもしれませんが座して死を待つよりも、なんとかして皆さんとともに盛り上げたいと思っています。

「当たってなんぼ」
この競輪の金言に従って、コツコツと当てる喜びを読者の皆さまと共有していきます。
もちろん、予想の買い目は私きゅうさくも買います。

RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
大宮記念2日目観戦記・提供予想 振り返り&大宮記念3日目
2016/01/19 06:00:00
テーマ: スポーツ ビジネス 旅行・レジャー
?content_type=blog&content_id=515&type=i?content_type=blog&content_id=515&type=i?content_type=blog&content_id=515&type=i?content_type=blog&content_id=515&type=i写真を2枚載せました。縦横見にくい点がございましたらご容赦ください。

1枚は、昇竜舞台でやっていた大宮・西武園けいりん応援ソング「フトモモDEサンバ」。

オネエ歌手 ずれやまズレ子が
「電車おりて 改札まで つい競い合ってしまうよね(中略) サンバDE大宮 サンバDE西武園 サンバDEサンバ(中略) フトモモDEサンバ それは地球が回りだす」♪

ずれやまズレ子の「行くわよぉ〜 そぉれぇ」のかけ声とともに曲が流れ、ズレ子が歌いだすとたくさんのエキストラが踊り出しました。

いいですね、フトモモDEサンバ。好きになりました。

もう1枚の写真は3コーナーの埼玉選手応援団席。

当日、気づいたんですが2次予選は 埼玉の選手が勝つと応援団席用にグッズを投げ入れていました。

初日のレース後の談話で藤田竜矢が
「地元応援団が酷かった、いや声援が凄かった(笑)」(e-shinbunから)
と言うように選手の力になっているに違いありません。


それでは、前回の続きから。

大宮記念2日目は、私きゅうさくの予想がメルマガを含め一日9個レースにわたり、ご贔屓にしていただいている方から「今日のあなたの予想はもはや推奨の領域ではない。競輪新聞的惰性である。あなたは大川慶次郎をめざすのか」と言われた件。

なんか難しいこと言うなぁ、と思いながら、胸に手を当てて考えてみました。

正直に書きますと今まで絶好調で、天狗になっていた所があり、それこそ、的中9分の9を達成し、ドヤ顔をしたい部分はあったかもしれません。

これから書きますが調査不足でけがをしている選手を推してしまったり、裏を返していれば当たったケースもありの大宮記念2日目でした。

今後の方針は、最後の方で書きたいと思います。   


《観戦記・提供予想振り返り》

3R(予想記事:枚数の指示はしていません。そこを判断するのが醍醐味です。)
購入枚数 100
買い目 5分前オッズ×購入枚数=配当見込
59  7.2×30=216.0(百円)
51  5.5×40=220.0
53  18.2×7=127.4
57  12.5×8=100.0
37  14.2×7=99.4
73  12.5×8=100.0

結果 はずれ 2車単 17 ¥3530 収支-¥10000

1土屋壮登がギヤ倍数の変更 3.92を3.77に。

レース前の脚見せの時、4コーナーから「土屋、調子悪いの? 今日はまくり?」と聞いてみましたが下を向いて返事がありません(当然ですが)。

当日のギヤ倍数の変更について、ある選手に懇親会で聞いたことがあります。

下げる場合ですが、練習時は軽いギヤをつけていることが多く、練習時のいい感覚を取り戻したいケースが第一。つぎに、まくりに回るなどダッシュ強化のため下げるケースで、この場合は持続力が失われます。第三は、バンクが重く、回転が上がらないので回転を上げたいケース。冬のバンクは気温が低く、短パンのため体温が下がり、回転が上がらないのが一般的です。

当日のギヤ倍数を上げる場合は、機会がありましたら、知っている範囲で解説したいと思います。

今回の1土屋の場合、逃げからまくりに作戦を変更したのだなと思いました。マークしてもらってる選手から好きなレースでいいと言われ、今までの走り方を変更する場合です。しかしながら、1土屋が逃げて5齊藤からの予想記事を公表してしまった以上、私だけが抜け駆けのように1土屋の頭から買う訳にはいきませんでした。

また、レース後の談話で5齊藤が怪我をしていることが判明しました(e-shinbunから)。
5齊藤 努
人気なのに、土屋君に離れてすみません。
坐骨神経痛もあるけど、それは言い訳になってしまう。気持ちを入れて残りのレースは頑張りたい。」
1土屋 壮登
「地元記念だし勝ててホッとした。それもあるけど、最終日まで走れる事の方が嬉しい(笑)。」
3加倉 正義
「届かなかった(笑)。桑原君は作戦とは違ったけど、頑張ってくれた。もし頭勝負をやるなら、シビアに2センターで内に入るしかなかった。」
7桑原 亮
「展開は良かった。黒川君が土屋君に抵抗してくれたのが大きかったし加倉さんと2人で確定板なら。」

4R
このレースは予想記事で提供していないため、現地でお好みの買い目、同県の先行から9三宅伸の抜け出しを買いました。
購入枚数 50
買い目 5分前オッズ×購入枚数=配当見込  
97  8.5×30=255.0(百円)
91  7.5×7=52.5
95  45.8×7=320.6
94  8.6×6=51.6

9三宅伸、自他ともに「伸さん」、2008年西武園で開催された全日本選抜で今回参戦している石丸寛之のまくりを男気あふれるチョイ差し、G1ウィナーで好きな選手の一人です。腰痛持ちで調子が低迷するときがありますが、今回は腰の調子はいいとのこと。

脚見せの時、「紀井、伸さんのために今日はドカンと行けよ。」というと首を縦に振っているような仕草。

レース前の入場の際、「伸さん、がんばれ〜」というとこちらを振り返ってくれました。

結果 はずれ 2車単 79 ¥1010 収支-¥5000

レースでは、期待どおり、最終ホームから3紀井がドカンと、カマしたまではよかったのですが、2コーナーからまくった7高久保のかかりがよく、3コーナーで3紀井に7高久保を牽制する脚力は残っていませんでした。でもあそこは伸さんが張ってくれなきゃ。

5R(予想記事)
購入枚数 100
買い目 5分前オッズ×購入枚数=配当見込
15  8.5×15=127.5(百円)
51  5.5×30=165.0
57  6.0×20=120.0
59  16.2×10=162.0
17  34.5×5=172.5
71  48.2×5=241.0
75  16.0×15=240.0

結果 あたり  2車単 51 ¥590  収支+¥7770

初日、伸さんを背負って失敗した1才迫開でしたが、かかりもよく、最後までラインを引っ張りました。1着あてクイズ、才迫に投票したことを忘れていました。

6R(予想記事)
購入枚数 100
買い目 5分前オッズ×購入枚数=配当見込
25  10.8×20=216.0(百円)
52  8.0×20=160.0
21  46.0×5=230.0
29  42.3×5=211.5
19  7.2×20=144.0
91  6.5×20=130.0
92  27.2×5=136.0
12  33.5×5=167.5

結果 あたり 2車単 12 ¥3520 収支+¥7600

9桐山敬太郎のホームからの男気先行で1武井大介-4成清貴之の千葉コンビが抜け出したかに見えましたが、インからスルスルと2香川雄介が突っ込み、終わって見れば「介さん」コンビの決着でした。

7R(予想記事)
購入枚数 100
買い目 5分前オッズ×購入枚数=配当見込
93  9.4×10=94.0(百円)
91  12.6×10=126.0
97  17.6×10=176.0
17  4.2×25=105.0
71  7.1×15=106.5
79  19.8×10=198.0
19  8.7×20=174.0

結果 あたり 2車単 97 ¥1700 収支+¥7000

5阿部力也の先行に9内藤宣彦が直線しっかりと伸び、2着は僅差で7志村太賀でした。

8R(予想記事)
購入枚数 100
買い目 5分前オッズ×購入枚数=配当見込
71  4.1×35=143.5(百円)
17  7.1×23=163.3
15  20.8×10=208.0
39  15.8×10=158.0
93  16.7×10=167.0
37  33.1×5=165.5
73  18.7×7=130.9

結果 あたり 2車単 93 ¥1910 収支+¥9100

3藤田竜矢-9小島雅章でイン待ち、7三谷竜生-1布居寛幸で押さえ、3藤田は7三谷を出し、1布居と競り。ペースが緩んだところを6亀井久幸と8楠木孝志郎の奇襲を7三谷が追走し、3藤田が1布居を弾いて、直線へ。3藤田が伸びた外を9小島が更に伸び。

9R(予想記事)
購入枚数 100
買い目 5分前オッズ×購入枚数=配当見込
95  10.5×10=105.0(百円)
94  66.6×3=199.8
98  128.9×1=128.9
97  64.1×2=128.2
59  3.8×40=152.0
51  4.1×26=106.6
52  16.7×7=116.9
25  32.2×3=96.6
24  33.6×3=100.8
27  21.8×5=109.0

結果 はずれ 2車単 18 ¥42740 収支-¥10000

儲かっても1万円以内の低空飛行な買い方では、はずれたらマイナスへのスパイラルだから、何とかしなければと思い始めた途端、出ましたトンデモナイ大穴が! 
関東ライン6菅谷隆司-3木村貴宏-8須賀和彦が前受け、ジャンから上昇した9佐藤博紀-5佐藤友和-1安部貴之がイン斬りの4北野良栄-2有賀高士-7坂上樹大ラインを叩くと、4北野はイン粘り。5佐藤友が弾かれ後退、バックで4北野が番手まくりも車が伸びず、4コーナーでは展開が詰まり、大渋滞。固まったところをまくった関東ラインから8須賀がさらにまくり気味に抜け出し、その外を1安部が立て直して1着。

10R(予想記事)
購入枚数 100
買い目 5分前オッズ×購入枚数=配当見込
25  4.8×20=96.0(百円)
52  8.2×20=164.0
21  27.7×15=415.5
23  12.6×15=189.0
17  20.4×15=306.0
71  13.4×15=201.0

結果 はずれ 2車単 37 ¥4830 収支-¥10000

逃げた9長島大介-3芦澤辰弘を中段拾った7石丸がまくり、3芦澤が直線鋭く1着、7石丸迫るも4分の1車輪差及ばす。中割った5萩原孝之は7石丸に同じく4分の1車輪差及ばす。

11R(メルマガ)
購入枚数 100
買い目 5分前オッズ×購入枚数=配当見込
17  2.9×50=145.0(百円)
15  5.1×20=102.0
13  13.4×10=134.0
19  23.5×6=141.0
73  26.9×8=215.2
37  42.3×6=253.8

結果 はずれ 2車単 79 ¥2990 収支-¥10000

最終ホームからかました7鈴木竜士がロングまくり、1神山雄一郎-5小林大介が続くも追走一杯。続く3小川勇介の後ろから9牧剛央が早めの追い込みで1神山をかわして2着。

12R(予想記事)
購入枚数 100
買い目 5分前オッズ×購入枚数=配当見込
51  8.4×20=168.0(百円)
15  5.1×60=306.0
57  22.0×4=88.0
17  8.0×4=32.0
75  20.6×4=82.4
71  8.5×4=34.0

結果 あたり 2車単 15 ¥500 収支+¥30000

予想記事にも書きましたけれど、決勝のシミュレーションレースですから、展開は簡単です。考えられる一番確率の高いのは、5深谷-1浅井で逃げて、7平原がまくれるかどうかです。展開予想どおり、5深谷が逃げて、バックでまくってきた7平原を1浅井がブロック。深谷と浅井の直線勝負も浅井が鋭く差す。

もうね(ドヤ顔で言っちゃいますけど)、平原が来たらあきらめという車券でいいや、という買い方でしたね。レース後、選手は、3日目、決勝へと思いはあるでしょうから。でもこれで中部勢は手の内をさらしちゃったわけで、2日目と違って、平原に鈴木竜士あたりの馬がついたら、平原の優勝ですね。

《収支まとめ》
                          予想記事    メルマガ
1R   +¥   210
3R   -¥10000            ×
4R   -¥ 5000             ×
5R   +¥ 7700            ◯
6R   +¥ 7600            ◯
7R   +¥ 7000            ◯
8R   +¥ 9100            ◯
9R   -¥10000            ×
10R -¥10000            ×
11R -¥10000                           ×
12R +¥30000           ◯

   計+¥16610         5勝4敗         1敗

前にも書きましたけど、今まで私が競輪で損をした経験則から、皆さんにぜひお願いしたいことを何点か思いつくままに書きます。競輪で儲けたい方は参考になさってください。

まず、分散投資法をお勧めします。トータルで5000円資金があるとすれば、5000円を投資レース数で割ります。できれば均等がいいと思いますけど、自信のあるレースなら多少上乗せしてもいいと思います。

絶対にやってはいけないのは有金勝負、持っている分を全部というやつです。はずれたらプチ破産状態ですからね。有金半分もいけません。

また負け分を取り戻そうとしないこと。

できれば競輪新聞は買わないで出走表で我慢すること。

なるべく一人で遊ぶこと。話しかけられても軽く応じる程度で意見を言い合わないこと。

ここらへんのことを守っていただければ、儲かることが多くなるはずです。


世界が誇る競輪の話、大宮記念3日目の予想です。

8R(電投締切13:54)

2小川勇介が初日は平原、2日目は鈴木竜士のあて馬と腐っているようです。しかしながら、ここは弱い逃げ屋をひとまくりしそうです。もしインに詰まったりして行けなくても、うしろの5山田英明は自力脚があります。


9R(電投締切14:24)

2桐山敬太郎が2次予選で男気あふれる最終ホームからの先行で武井大介を準決に連れて行きました。今日は武井と同県の9根田空史が桐山を引っ張ります。桐山から買いたいと思います。根田がまくった場合の裏は必要です。


10R(電投締切14:56)

こちらはメルマガユーザー様向け超厳選レースとさせていただきます。


11R(電投締切15:30)

1浅井康太と4鈴木竜士の初対戦です。
浅井にしてみれば、明日の決勝に鈴木が乗ってくると平原の馬になるので、鈴木がかかる前にもまくりたいところです。とにかく、鈴木をインに閉じ込めて、トップスピードに乗らせない作戦でしょう。
さらに、危険をはらんでいますので、両者やりあったあとの思わぬ伏兵からの好配当もハイリスク・ハイリターンで期待します。


12R(電投締切16:05)

1平原康多のための番組です。相手比較から、平原の頭以外は考えられません。増して、後ろは競りです。裏目なしの勝負レースです。

買い目につきましては、予想記事「きゅうさくのちょっとおいしい競輪予想」、メルマガ「きゅうさくの今日の勝負レース」をご覧ください。

最後に、大宮記念2日目、ある方に言われて目が覚めました。予想を趣味でやる分には9個も10個もいいのですが、予想を買ってもらってさらに儲けを出したいなら、せいぜい5個までだと。

これからも、新築の家の10軒分は競輪に注ぎ込んだといつも言っていた、死んだオヤジの言葉
「走る前は買えばみんな当たりそうな気がする。でも当たるのはせいぜい半分だ。」
を肝に銘じ、皆さまに儲かる予想を提供するよう、バリバリ全開でがんばります。

今日も一日、競輪でハッピーライフを!

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ