このブログをフォロー
更新情報の通知を受け取れるようになります。

プロフィール
それから私の心の底に深い愛を埋めます
それから私の心の底に深い愛を埋めます
カレンダー
<  2024年6月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
RSS
RSSフィード RSS
赤ちゃんの知的発達を育みます
2024-05-21 15:46:00
テーマ: 未設定
いいねする

?content_type=blog&content_id=4688&type=

赤ちゃんの脳の発達にはプロセスが必要ですが、一般的に赤ちゃんの脳神経細胞の発達は3歳までに基本的に完了します。 赤ちゃんが日に日に成長するにつれて、スポーツが好きな子、芸術が好きな子、すぐに反応する子、模倣するのが好きな子、それぞれの違いがますます明らかになるでしょう。新しいことを探求することに熱心な人もいますが、実際、これは幼児の知的発達に大きく関係しています。

多くの母親は、DHA が赤ちゃんの知的発達に関係していることは知っていますが、花生四烯酸DHA の具体的な役割は知りません。 DHAは不飽和脂肪酸の一種で、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素の一つです。 DHAの蓄積は人間の脳の発達に密接に関係していることがいくつかの研究で指摘されており、人間の脳は生後3か月から2歳にかけて急速に成長します。体積は12倍に増加し、同時にDHAも脳内に大量に蓄積されます。 DHAは脳の必須成分であるだけでなく、脳機能の正常な発達と作動にも不可欠であることがわかります。

DHAの働きとしては、大きく分けて2つあります。

脳の発達に関与: DHA は大脳皮質/中枢神経系の重要な成分であり、神経突起の分裂、増殖、成長、および脳細胞の神経ネットワークの形成を促進し、それによって脳の容量を増加させ、情報処理をスピードアップします。知性、学習能力、記憶能力の向上に有益な脳。

視覚の発達を助ける:DHAは網膜光受容細胞に最も豊富に含まれる多価不飽和脂肪酸であり、光受容細胞の外節膜上の総脂肪酸の約50%を占めます。 母乳低聚糖DHAは、乳児や幼児の目の機能発達を効果的に促進し、網膜の成熟を促進し、光受容体細胞のアポトーシスを防ぎ、幼児や幼児の視力を改善します。

体内の合成能力は限られているため、特に乳児や幼児では、DHA を外界から摂取する必要があります。 さまざまな年齢の赤ちゃんに DHA をどのように補給すべきでしょうか? 赤ちゃんに良い栄養を与えるための鍵は、3 歳までに脳の発達のための栄養を確保することが「食べる」ことから始まるということです。

0 ~ 6 か月: 健康な母乳は、赤ちゃんにとっての DHA の天然源です。 この段階では母乳が赤ちゃんの主な DHA 供給源であり、母乳で育てられた正期産の赤ちゃんには追加の DHA サプリメントは必要ないため、母親は母乳育児を続けることが推奨されます。 母乳育児が不可能な場合は、DHA を含む粉ミルクを選ぶこともできます。

6 ~ 12 か月: 赤ちゃんは生後 6 か月頃から補完食を追加し始めます。これは、母乳に含まれる栄養素では赤ちゃんの成長のニーズを満たすことができないためです。そのため、補完食には、DHA が豊富な食品を選択することを考慮する必要があります。海の魚や海藻などの食品を待つか、DHA 栄養補助食品を直接選択して補給してください。

1~3歳:DHAを含む食品を摂取し続けてください。深海魚や藻類などを週に2食以上摂取してください。通常はナッツ類を食べても構いません。 好き嫌いが激しい赤ちゃんや魚介類に敏感な赤ちゃんには、DHA 藻類油などの DHA 栄養補助食品を選ぶこともできます。

藻類から抽出されたDHAはEPAを含まず、植物由来で安全です。 さらに、海藻油の DHA は生臭さが比較的軽く、汚染物質の残留物が少なく、DHA 含有量が高く、EPA 含有量はほとんどありません。 したがって、藻類油 DHA は、乳児や幼児の成長および発育中の栄養補助食品として非常に適しています。


関連記事:

赤ちゃんにこれらの症状がある場合は、食べ物が溜まっている可能性があります。

赤ちゃんの食物アレルギーを予防し、対処するにはどうすればよいですか?

赤ちゃんがアレルギーを起こしやすい食べ物は何ですか?

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP