ギャンブル田中のBLOG日記(高確率で馬券に絡む注目馬も公開中!)

競馬・馬が大好きなギャンブラーの競馬で年間収入をあげる道作り

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼1
フリースペース

馬券公開のみでなく、シンプルに読み疲れのないように競馬内部のネタなども加えた楽しみながら予想に使える内容を提供しています!!
是非、一度お試しください!!
私のメルマガ万馬券当ててます
↓↓↓



2016年発行で早くも
レジまぐでトップセールスランキング1位のメルマガ
1位はどんなものか体験したい方はコチラ!!
↓↓↓ 



調教から人気関係なく予想を!
コンスタントに当てています。
低価格で回収率は十分見込める予想で楽しみたい方はコチラ!!
↓↓↓
激走馬の見極め術



新規予想家!!
募集中です!!

※お知らせ!!
只今宣伝されたい方募集中!!
お互いのメルマガやブログを宣伝し合いませんか??

お気軽にメッセージ下さい!



カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
プロフィール
ギャンブラー田中
ギャンブラー田中
〜自己紹介と競馬を始めた経緯〜

著者 田中

19××年5月生まれ
日本在中

幼き頃から、小遣いがないためトランプのポーカーなどで小遣い稼ぎを覚える。

その後、パチンコを覚え1・2年目は負けるが、3年目以降はほぼ、勝ち続けてフリーターを7年間続ける。
フリーター3年目に競馬と出会い競馬にどっぷりハマる。

同時期に友人が競艇選手になり、競艇もやり始めてまさに、ギャンブル三昧の日々を送る。
気づくとパチンコでの稼ぎが一年で半分程になり競艇が要素だったので競艇を辞める。

年々、パチンコも大勝ちが難しくなってきた頃に競馬で約200万馬券を1年で2回当て、競馬1本に絞ることになる。
そこから、競馬新聞、情報誌など色々試みるも年間でプラスはなかなか難しい事に気づく。

そんな時に、歳も歳なので仕事を始めてとある人物と出会う。
それが、元某新聞社にいたH氏。

そこからは、本やサイト、競馬新聞も全て辞めてH氏からの情報と競馬のレースを全て見るスタイルに変える。

そこから、1年後には年間プラス続きの競馬ライフを楽しんでいる。

私の予想スタイルは競馬・馬を見て、見て、大量に見た中で勝ち馬を探す。

そんな私の楽しみ方を、コレを読んで下さった皆様にも体験して頂きたい。
そして年間プラス収支を体験して頂きたい。

年間で成績の良いのが

春のクラシック路線

秋から冬にかけてのG1

年明け競馬

夏競馬

といった感じです。

ではギャンブル田中の世界にまずはあなたも一歩を!

一歩を踏み出さない奴はその一歩に泣く!
これが、私の座右の銘です。
第4回対談
2015/09/30 13:15:00
テーマ: 未設定
28日某所
今日は神戸新聞杯とオールカマーの1.2着馬ショウナンパンドラとヌ―ヴォレコルトについて少し。



田中『Hさん!本当に1番人気が期待に応えてくれないレースが続きますね。。』

H氏『そやなぁ。トライアルらしいっちゃ~トライアルらしいねんけどな。』

田中『両レース本命が2着(今回は人気馬でしたけど、、、)とスッキリしないですよー。リアルスティール。。。』

H氏『神戸新聞杯な、あれはリアファルのルメールが巧いとも言えるけど、馬自身も力つけとるな。』

田中『リアファルは展開ド嵌りもありますよね!時計で見るとスロー。1000m通過も1分2秒でしたし。』

H氏『展開面は他馬のジョッキーが作らせてしまったのが正解ちゃうかな。スタートして、誰もリアファルを突かずに逃げ馬を単騎で、しかも2番手、3番手までの差もそこまでなく一番馬自身が走りやすい展開を馬なりで行かせてしまっとる。』

田中『確かに。みんなリアルスティールへの意識が高そうですもんね。』

H氏『それと権利欲しさやな。前つけて一緒に潰れたない意識もあるやろうで。』

田中『確かに。それでラスト3ハロンで11.0とレース内最速ラップで動いたら直線でザッと広がっちゃいますね。』

H氏『そこが、ルメールの好騎乗やな。あとは、リアファルの力も。前走はそこそこのラップ刻んでラスト1ハロンまで見せた渋とさ、そこが今回では余力爆発でどんどん引き離してたからな。人馬共にお見事ってな感じやわ。』

田中『本番も楽しみですね!』

H氏『展開嵌りなどで見るんは禁物やな。メルマガでも話あげてたように、陣営は早い段階でルメール確保しててリアファルで神戸新聞杯と菊花賞てなってたからな。』

田中『僕は完全に甘く見ていました。。。Hさん注目してたアルバートドックなんかは、ちょっと何したいか分からない前後競馬してますね。コレはどう見ますか?』

H氏『辛口やな~。せやけどそれは言えるな。賞金面から一番かき乱してくれたらおもろい馬やったんやけど、リアル意識しすぎで、最後の直線でもうリアルにも完敗は見えたし、四位騎手の揺ら揺ら走法打撃で真ん中から大外まで飛んでってたしな。過去に宝塚記念でアサクサキングス(四位騎手)の騎乗に武騎手が不満爆発させてたん思い出したわ(苦笑い)...ていうても馬を真っ直ぐ走らせるのもなかなか想像より大変な仕事やねんけどな。』

田中『ありましたね。。。懐かしいい。天皇賞でもあったような記憶が少し残ってます。今回なにか注目馬いますか?』

H氏『最後はトーセンに差されたけどバイガエシは中距離、長距離路線はええ馬なりそうな走りやったな。』

田中『おお!!僕はずっと注目してたんですよ!!Hさんに言われると嬉しい!!』

H氏『せやけど、まだまだ甘いで。改善点はようさんあるから厩舎の力もある意味見れての今後注目馬ってやつやな!』

田中『ありがとうございました、、、と今日はオールカマーのショウナンパンドラヌ―ヴォレコルトも。』

H氏『。。。』

田中『。。。』

H氏『オールカマーの牝馬で制覇はメジロドーベル以来の18年ぶりやな。』

田中『そうそうそうそう!!』

H氏『。。。』

田中『え、。。。』

H氏『なんや。』

田中『えーーーーーー!!レース後にこれやから競馬はおもろくてロマンや。て言うてたじゃないすか。』

H氏『それかいな!牝馬ワンツー95年のヒシアマゾンとアイリッシュダンス以来の20年ぶりやて話か。』

田中『そうそうそうそう!!それで2着のアイリッシュダンスヌ―ヴォレコルト祖母でフラッシュバックしたわ!て話!そういう血の話も楽しいじゃないですか!』

H氏『確かにそこには競馬にロマン感じるよな(満面の笑み)』

田中『で、ショウナンパンドラどう見ますか?』

H氏『。。。。20年前のアレコレの思い出に』

田中『すいません!!』

H氏『まぁええか。オールカマーに関しては血統やとステイゴールド産駒の近親てのが活きたかもしれんけど、もともと器用な馬やしな。能力は確かや。ディープインパクト産駒でゴールドサッシュの牝系となると歴史に残る名牝の序章となるかもな。』

田中『て、事は注目馬ですね!』

H氏『おう。』

田中『Hさん、読者さんも長々とありがとうございました!』


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ