お言葉ですが。

いろんな事にいろんな角度から書いていくブログです

傷のようなもの
2015/09/22 07:37:00
テーマ: 日記

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/09/20/kiji/K20150920011173190.html








《兵庫県姫路市の世界遺産・国宝の姫路城に小型無人機「ドローン」が衝突した事故で、県警は20日、北九州市の会社役員の男性(49)が同日朝、「私がやったことに間違いない」と京都市内の警察署に名乗り出たと明らかにした。


県警によると、男性は「姫路城を撮影し、雑誌に投稿するためドローンを飛ばした。衝突したという認識はなかった」と説明している。ドローンを操縦するコントローラーを所持していたといい、県警が文化財保護法違反や姫路城管理条例違反の疑いで任意で調べる。

男性は19日午前6時5分ごろ、姫路城周辺からドローンを飛ばし、約8分後に見失った。ドローンは大天守最上階の6階南面に衝突した。窓枠の水切り銅板には、衝突でできたとみられる傷のようなものが見つかった。

男性は1人で姫路城を訪れており、「周囲を捜したが見つからず、予定があるので帰った。大変なことをして申し訳ない」と話している。》









世界遺産にして国宝の姫路城に、傷を付けてしまったわけですから、もちろん褒められた話ではありません。けど、そんな大騒ぎするようなことなんですかね?










だいたい、なんですか最近のこの
ドローン騒ぎは。









ちょっと間違っていたら教えて欲しいのですが、ここで言う「小型無人機 ドローン」って、ちょっと前で言うとこのラジコンでしょ?撮影好きのおじさんが、ラジコン使って姫路城を撮影してたら、過って落っことしてしまったという話だと思うのですが、《姫路城に小型無人機「ドローン」が衝突》なんて書いたら、天守閣が吹き飛んだくらいのインパクトではありませんか。衝突?コツンってラジコンが当たっただけなのに。








首相官邸にドローンが落ちたときも思ったのだけど、たかがラジコンが飛んだくらいで「テロの危険」とか、何さわいでいるのかホントよくわかりません。中東とかの戦争で使われているドローン見てから言って欲しい。












あと、じんわりムッとくるのが最後のくだりです。《窓枠の水切り銅板には、衝突でできたとみられる傷のようなものが見つかった。》









なんだよ、傷のようなものって?ラジコンが当たって傷がついたに決まってんだから「衝突でできたとみられる傷が見つかった」でいいではないか。“できたとみられる”と、やんわり特定を避けておいて、さらに追い打ちをかける”傷のようなもの”というぼやかし。めんどくさー。





よく、強盗事件なんかが起こると「犯人は、金庫をバールのような物でこじ開け・・・」という記述が見られますが、同じイライラを感じます。ところで、バールって何?

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

プレミアムメッセージBOX(有料)
プレミアムメッセージBOX
プレミアムメッセージBOXは、コンテンツを購入してくださった購読者様が発行者に個別に有料で質問やコンサルティングのやりとりを行うことができる機能です。
このブログには発行者と直接やりとりができるプレミアムメッセージBOX(有料)が設置されています。(購読すると表示されます)
プロフィール
松本誠二
松本誠二
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページの先頭へ