お言葉ですが。

いろんな事にいろんな角度から書いていくブログです

DACnDAC(ダックンダック)
2015/09/21 05:37:00
テーマ: 地元のおいしいお店
?content_type=blog&content_id=336&type=i








智香子の誕生日に、西福原のダックンダックへ行ってきました。天満屋の立体駐車場を出たところ、貸衣装の「むらまつ」さんがあるビルの隣です。








?content_type=blog&content_id=336&type=i












?content_type=blog&content_id=336&type=i










「あたし、ダックンダックのちーずぽんずがたべたい」








メニューまで指定されたら仕方ありません。事前に予約をして、子供たちにチーズフォンデュを用意してもらいました。




話はわき道にそれますが、チーズフォンデュって楽しいですよね。最後煮詰まってくると、チーズが器の底でお焦げみたいにかたまりますが、長男の凜太朗が、上手にこそげ取って、下の子に取り分けていたのが印象的です。









?content_type=blog&content_id=336&type=i









?content_type=blog&content_id=336&type=i













大人の前菜は、テーブルごとに大皿で盛られることが多いダックンダック。子供をはさんで、妻と距離が空いているのを見たのか、一人づつワンプレートで提供してくださいました。臨機応変。









ダックンダックの、景崎シェフが作る料理は、不思議です。古典的なフレンチなようでいて、それでいて常に皿の上に新しい発想があります。料理に地元のフレッシュな野菜が、美しく、そして味わいぶかく盛られるのも特徴。味噌や、醤油など、和の調味料がソースに大胆に用いられるのもこのお店の大きな特徴ですが、そのヘンにある「創作ダイニング」(創作しないダイニングがあったら教えてもらいたい)みたいな、自己満足でキテレツな味付けとは無縁です。













?content_type=blog&content_id=336&type=i











?content_type=blog&content_id=336&type=i











前菜のあとに、クリームの平打ちパスタをいただき、メインは若鶏のグリル。お年寄りから若者まで虜にする、間違いないソースです。松茸が乗ってました(!)。













?content_type=blog&content_id=336&type=i










智香子には、ハートのイヤリングをプレゼント。100均だけど(笑)。









智香子は、我が家の3人目の子供で、はじめての女の子でした。今年も絶好の秋晴れでしたが、6年前のあの日もポカポカの陽気で、午前中から産気づいた妻と病室に入り、なかなか陣痛が始まらないので、歩いてローソンにお弁当を買いに行ったら、その間に陣痛がはじまったとかで、慌てて立ち会って誕生を見守ったのを、覚えています。









若い女の子の扱いは、むずかしいですね。「かわいくて仕方がないでしょう?」と言われることも少なくありませんが、3人の中で一番きびしく接してしまうのは、智香子だと思う。自分の手の中から離したくないと、溺愛する父親もいるようですが、一日でも早く自立して、世界に羽ばたかせたいというのが、私なりの智香子への想いです。ま、まだ6歳ですし焦ることもないですかね。











?content_type=blog&content_id=336&type=i










デザートは、これまた無理をいって、ケーキを焼いてもらいました。フレッシュなフルーツがたっぷり使われ、優しい味わいの中にも力強さが感じられます。メッセージを書いてくださったのはマダムかな?エレガントな中にもこうしたアット・ホームな演出がところどころにあるのが、ダックンダックの愛される所以だと思う。











お店は、米子に出来てやっと5年になりますが、景崎さんご本人は山陰の洋食レストラン業界を牽引してきたメンバーの一人だと思います。その業績と、なにより実力はもっと評価されていい。恋人とのデートに、気合いを入れて使うのもいいお店ですし、こうして家族で気軽に予約しても、リクエストに応じてくれます。街場にこうしたレストランが、肩肘はらずにそっと存在していることを、私は誇りに思っています。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

プレミアムメッセージBOX(有料)
プレミアムメッセージBOX
プレミアムメッセージBOXは、コンテンツを購入してくださった購読者様が発行者に個別に有料で質問やコンサルティングのやりとりを行うことができる機能です。
このブログには発行者と直接やりとりができるプレミアムメッセージBOX(有料)が設置されています。(購読すると表示されます)
プロフィール
松本誠二
松本誠二
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページの先頭へ