お言葉ですが。

いろんな事にいろんな角度から書いていくブログです

知らなくていいこともある
2015/09/09 05:33:00
テーマ: 恋は手打ちうどん
先日、年上の男性からちょっと意外な恋愛相談を受けた。かいつまんで要約すると、次のような話になる。





その男性には、ソーシャルネットワークの「Facebook」で知り合った恋人がいて、お互いの何気ない日常を投稿し合いながら交流をはかっていた。Facebookは、言うまでもなくオープンな交流ツールなのであまり親密すぎる投稿こそできないが、2人とも仕事が忙しい身として、移動中に見かけた風景や夜親しい人たちとの食事といった様子が確認しあえるのは、当事者同士思わぬ安心感をもたらしてくれるのだという。思わずクスッとしてしまう投稿やコメントに「いいね!」を押していた。




ところが、彼氏の投稿に対して、どうだかすると彼女から「いいね!」の反応が無いことがあって、はじめはそうでも無かったけれど最近だんだん不安になってきたというのだ。



もう少し詳しくきいたところ、彼氏はその彼女をFacebookの「親しい友人」リストに入れているのだという。Facebookを利用していない方に簡単に説明すると、Facebookでは「友達」になった人を細かく分類することができる。日本人だけでも何百万もの人が利用するようになったFacebookでは、実際に交流のある人だけにしようと思っていてもかなりの数の「友達」がすぐにできるが、「友達」が増えてくると特定の人が発信した内容を見逃してしまうといった事態が出てきかねない。



「親しい友人」の設定は、そうした見逃しを防ぐ意味合いがあって、設定してある「友達」の投稿はもちろん、その「友達」が他のどんな人の投稿や、リンクに「いいね!」を押したかすべて履歴が残って、いつでも確認できるようになっているのだ。




で、その彼氏の投稿に彼女から「いいね!」が無いのを当初はさほど気にもしていなかったわけだが、「特別な友人」リストで確認してみると、ある別の男性の投稿に、彼女はほぼすべて「いいね!」を押したりコメントを残したりしているのが分かった。彼氏にしてみれば、彼女も仕事で忙しくしているし別に自分の投稿を読んでも無理に「いいね!」を押さないことだってあるだろうと理解していたのだけれど、他の特定の男はこまめにチェックしているのかと思うと嫉妬というか、自分の投稿は何か不都合でおもしろくないものだったのではないかといった、後悔に近い感情がでてきて不安になってくるのだという。





非常に現代的な悩みかもしれない。





私がはじめに「ちょっと意外な恋愛相談」だと書いたのは、その彼氏が比較的ソーシャルメディアの使用に慣れた人だと思っていたのと、それから普段からFacebookの「いいね!」機能について、あまり神経質にならないほうが良いと、なによりその彼自身が口にしていたのを知っていたからだ。頭では分かっていても、愛しい女が自分の発信をスルーして他の男の投稿ばかりに「いいね!」といっているのが分かればおもしろくないのかもしれない。男には存外こうした小さい嫉妬心が往々にしてあるものだ。





私自身Facebookを日常的に利用しているので、一通り彼氏の話をきいた後に、あまり不安になる必要もないだろうとアドバイスしておいた。その彼氏は日常の一コマ以外にも、自身のビジネス絡みの投稿や政治関係のブログも頻繁にシェアしていて、そういう投稿にはちょっと彼女は反応しにくいのではないか。気になる別の男性は、短いつぶやきのような投稿をしている事が多いらしく、彼女としても「いいね!」が押しやすいだけだろうと諭して、その日は別れた。




その後あらためてこのことについて考えているのだけど、彼氏は今すぐ「特別な友達」リストから彼女を外してあげたほうがいいのではないだろうか。本人はもちろん意識していないだろうけど、「特別な友達」リストの機能は、結果として特定の相手を「監視」する働きを担っている。投稿や本人の発信をフォローするには便利なものだが、その人が他のどんな人の投稿に反応しているかといったことは「知らなくていいこと」だろう。



いささか辛いことかもしれないが、ひょっとしたらその彼女は彼氏よりこまめに「いいね!」を押しているという、くだんの男性に特別な好意を抱いているかもしれない。仮にそうだとしても、一線を越えてなければいくら彼氏でもどうのこうのという話でもあるまい。どんなに愛しい彼女だって、自分の所有物ではないのである。彼氏は知らないプライベートが当然あるし、まともな大人ならボーイフレンドの5人や10人だっているだろう。それをいうなら、彼氏だって彼女とは別の妙齢な女性の投稿に、文字通り一生懸命「いいね!」を押しているではないかと、指摘してやればよかった。



「パートナーの携帯を見るのは不幸のはじまり」という言葉があるが、これからは携帯ばかりではなくソーシャルメディア全般も含めたほうがいいのかもしれない。私は何も「どうせ男も女も見えないところで浮気してるんだよ」といっているのではない。そうではなく、たかだか他の異性の発信に「いいね!」を押すくらいで不安になる、自分の心が不幸の始まりだと思うのだ。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

プレミアムメッセージBOX(有料)
プレミアムメッセージBOX
プレミアムメッセージBOXは、コンテンツを購入してくださった購読者様が発行者に個別に有料で質問やコンサルティングのやりとりを行うことができる機能です。
このブログには発行者と直接やりとりができるプレミアムメッセージBOX(有料)が設置されています。(購読すると表示されます)
プロフィール
松本誠二
松本誠二
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページの先頭へ